楽天グループ株主優待「楽天モバイル」特別優待SIMが届きました!課金通話も可能だけど…

スマホライフ

2024年に入り偶然楽天グループが、社債などの問題が持ち上がり株価が急下がりをした時、たまたま楽天グループの株価が自分の評価では安いと感じてしまい、楽天グループの株を購入していました。
その後、権利確定月前後だと思いますが、楽天グループが優待に関する発表を行い、今年は楽天モバイルの特別SIMが株主優待の得点になると発表され、2024年4月25日無事に受け取ることができました。

楽天モバイルの特別SIM
プロモーションの案内

ただいま開催中の限定セール


サマーセール
  1. サマーセール (6月17日16時~)
    値引きクーポンコード(6月17日16時~)
    29ドル以上で4ドル値引:SS4
    59ドル以上で8ドル値引:SS8
    89ドル以上で12ドル値引:SS12
    129ドル以上で18ドル値引:SS18
    179ドル以上で25ドル値引:SS25
    269ドル以上で40ドル値引:SS40
    499ドル以上で80ドル値引:SS80
  2. 何か良いものが見つかる

[広告]

本来優待はeSIMです

楽天グループの株主優待は、本来eSIMが発行されるのですが、希望者のみ物理SIMが発行されます。
私はスマートフォンだけではなく、楽天モバイルのWi-Fiルーターも持っているので、Wi-Fiルーターでも使うことを考慮し、今回物理SIMを希望することにしました。

物理SIMをもらうまでの手順

  1. Web経由にて優待を申し込み(ここで何もしないとeSIMになります)
  2. 物理SIMへの変更手続き

この「物理SIMへの変更手続き」を行う必要があったのですが、何度株主専用ダイヤルに何度電話しても、話し中だった事でもあり、案内のあった通り、

メールフォーム

株主優待専用のメールフォームから、送信をしました。
その後、メールなどの返信は一切なく。当日を迎えます。

本人確認便にて受取

受取人確認サポート便

佐川急便の受取人確認サポート便で届きました。
受取時に免許証の提示、佐川急便のスタッフさんは、スマートフォンで、1つ1つの個人情報を確認した事をcheckし、本人に相違無しと言うことで受け取りました。

楽天モバイルの特別SIM

大きな封筒には、この厚めの案内用紙とSIMカードにみ入っていました。SIMカードの保護厚紙のような物もなく、ペラペラの2枚が入っているだけでした。

不思議なSIM

さっそくスマートフォンにセットしてみると、すぐに楽天モバイルを検知し、APNなどは自動的にセットされました。
しかし、SIM番号はなぜかAndroidスマートフォンでは、認識しませんでした。

あとで手動で打ち込んで登録することはできます。

そのため、電話番号の記載は受け取った時の紙に書いてあるのみです
SIMカードからは電話番号が読み取れないみたいなので注意ください。

モバイル回線は変わらず

楽天モバイルの速度

午後12時頃です。
いわゆるピークタイムの時間帯でも、楽天モバイルのSIMは、通常通りのスペックを発揮しています。
近くには、まだ5G未対応の基地局なので、こんなレベルです。

スマートフォンに刺すとデュアル運営

通信状態

1SIM側には通常使う楽天モバイルのSIMカード
2SIM側には今回の楽天グループの株主優待のSIMカード

ディアルSIMなのに、両方とも楽天モバイルと言うさみしい状態です。

通話はLinKOfficeを使います

リンクOffice

専用の通話アプリがあります。

  1. 今までの電話番号は楽天リンクアプリ
  2. 優待専用の番号はリンクオフィスアプリ

とつかいわけることで、両方使うことが可能です。
楽天リンク同様に普通に繋がりました。

Googleダイアラー電話してみました

最後に従来のダイアラーで通話はできないのか試してみました。

楽天グループ株主優待「楽天モバイル」特別優待SIMを使い、通常のダイヤル用アプリから

  • 楽天モバイルのSIMのあるスマートフォンへ電話したら楽天モバイルの呼び出し音で読み出し
  • 一般の固定電話に通話したら、通常の呼び出し音で通話

どうも普通の通話もできるみたい。
着信を受け取ると普通に通話もできました。この時の課金はどうなるのでしょうか

ホームページを見ると、「(0570)などから始まる他社接続サービス、一部特番(188)への通話、国際通話・国際SMSをご利用いただいた場合は、無料通話の対象外となります。」と言うことですので、課金通話もできるみたい。

実際課金に関する請求がどうやって来るのか、明記されていません。
もし、請求が来たら、本ページに追記します。