AliExpress Standard Shippingはどのくらいでどんなルートで届くのか?

中国最大の通販サイトの1つ、aliexpress!
中国国内向けではなく、海外向けの通販サイトとなっており、全世界から、中国通販を買い物しやすくなっています。

AliExpressで注文すると、色々な配送方法で日本に送ってくれますが、その配送方法の1つ、AliExpress Standard Shippingの配送方法について記してみます。

Aliexpressが提供する配送サービス

AliExpress Standard Shippingは阿里巴巴グループの流通企業「Cainiao」が、セラー側に提供している配達方法の1つです。
結局は色々な中国国内の物流企業と提携して、配送されます。

2019年11月からシンガポール経由からYanwen経由になりました。
でも、またシンガポール経由に戻りました

日本でいうメルカリ便とか、そういう類のサービスです。

11.11~年末のセールの期間中のみ、配送方法が変更になりました。
また、混雑する期間などは、2つ目のルートが使われることもあり、配送後通知されたトラッキング番号から、どちらの経由になのか?

途中のトラッキングの検索方法などをわかりやすく記してみます。

トラッキング番号の最後にSGがついている場合

配送のルート

これは初期の流通経由のトラッキングになります。
通知されたトラッキング番号の、最後にSGがついていた場合は、こんな企業を経由して届きます。

  1. 4px
  2. シンガポールポスト
  3. 日本郵便

途中のトラッキング方法

中国国内では、4pxという企業が収集から、シンガポールポスト宛まで、配送を担当します。
トラッキング番号は、4pxCainiao で到着まで確認が出来ます。

1→2のシンガポールポストに配送を開始されると、シンガポールポストのトラッキング検索でも反映します。

シンガポールポストに到着すると、その日の内に日本向けに出発します。この時点で、日本郵便でもトラッキング検索可能です。

到着までの日数

4px→シンガポールポストまで3~5日くらいかかり、この区間の移動が、一番トラッキングが止まってしまいます。
到着まで2~4週間くらいで到着します。

PR~~YPのつくトラッキング番号の場合

配送のルート

2019年11月から動き出した配送ルートです。
特に最後にYPがついている場合、Yanwenを経由しますが、中国国内で2つの会社を経由します。

  1. yanwen
  2. チャイナポスト
  3. 日本郵便

11.11セール直後に発送された物は4pxでも検索ができたのですが、現在は4px では検索ができなく、yanwenが1番手になっています。

途中のトラッキング方法

中国国内では、yanwenと言う企業が、配送を担当します。
トラッキング番号は、Cainiao で到着まで、 yanwen では途中から最後まで確認が出来ます。

yanwen が受け取ると、yanwenのトラッキング検索でも反映します。
yanwen が受け取ると、2~3日で、トラッキングに、Last mile=> Destination country post, number LO*********CNとチャイナポストのトラッキング番号が表示されます。 Cainiao もしくは yanwen でチャイナポストの新しいトラッキング番号が発行されます。

到着したラベルは上に重ねて張られています。はじめに発行されたRP~YPのトラッキング番号が貼ってあります。

チャイナポストに渡されると、eパケットと呼ばれる配送ルートで、日本に届きます。
发往KWSというトラッキングが表示されると、3~6日くらいで川崎市の国際郵便局に到着し、この期間中に日本郵便でもトラッキング検索可能です。

到着までの日数

チャイナポスト→日本郵便まで3~6日くらいかかり、この区間の移動が、一番トラッキングが止まってしまいます。
到着まで12~2週間くらいで到着します。