現在実施中のセール


  1. 1.スマホテクノロジー Xiaomi ワールドプレミア(9月23日まで)
  2. 2.おしゃれウィッグセール(9月24日まで)
ガジェット系

AliExpress Standard Shippingはどのくらいでどんなルートで届くのか?

中国最大の通販サイトの1つaliexpress
中国国内向けではなく、海外向けの通販サイトとなっており、全世界から、中国通販を買い物しやすくなっています。AliExpressで注文すると、色々な配送方法で日本に送ってくれますが、その配送方法の1つ、 AliExpress Standard Shipping の配送方法について記してみます。

ページコンテンツ

Aliexpressが提供する配送サービス

日本でいうメルカリ便とか、そういう類のサービスです。

AliExpress Standard Shippingは阿里巴巴グループの流通企業「Cainiao」が、セラー側に提供している配達方法の1つです。
結局は色々な中国国内の物流企業と提携して、配送されます。

時系列で変わっている点

2021年8月頃から 先頭のJPトラッキング・Yanwenの最後にTWトラッキングの番号がまとめて届くようになりました

上記タイトルの通り、複数のトラッキング方法でも、Aliexpress独自の便はまとめられて、日本に送られるようになりました。詳しくはこちら

2019年11月からシンガポール経由とYanwen経由に別れました

11.11~年末のセールの期間中のみ、配送方法が変更になりました。
また、混雑する期間などは、2つ目のルートが使われることもあり、配送後通知されたトラッキング番号から、どちらの経由になのか?

途中のトラッキングの検索方法などをわかりやすく記してみます。

昨今2020年春に大流行した病気の影響でアリエク便が増えています

日本のメルカリ便に近いサービスで、発送~到着までをaliexpressが保証する便になっています。

あの病気の蔓延の影響で、全世界的に流通がストップしてしまい、チャイナポストなどで発送しても届かない事態になりました。
aliexpressで出店しているセラーは、チャイナポストで発送、万が一届かない時お店側の負担になります。

でも、アリエク便ならaliexpressが保証するので、届かない時の保証はアリエクになります。そんな事態から、AliExpress Standard Shippingを利用するお店が増えています。

2021年5月日くらいからトラッキングに「JP+数字のみ」が発行される事が増えています

「SinoEx」を経由することで、日本まで比較的早く。日本国内の配達は佐川急便さんが配達してきてくれる便に仕分けられることがあります。

2021年5月時点のルートの種類

  1. JP+数字のみのトラッキング
    (中国物流企業によるルート)
  2. 最後にSGが付くトラッキング
    (家電系はほぼこっちシンガポールポスト経由)
  3. 最後にYPが付くトラッキング
    (Chinaポストor台湾ポスト経由)
  4. 最後にMYが付くトラッキング(希)
    (マレーシアポスト経由)
  5. 上記複数の便がまとめられることがあります

先頭に「JP」 最後に「YP」、最後に「TW」がつくトラッキングがまとめられることがあります

2021年8月頃から先頭にJPがつくトラッキング、最後にTWがつくトラッキング番号の荷物が小さかったりすると、まとめられて佐川急便さんが持ってくるようになりました。

まとめられる場合の確認方法

  1. 発行されたトラッキングに、以下のトラッキングが付与されます。


    Oubound success in consolidated warehouse
    今までのトラッキングにはなかった総括倉庫・連結倉庫を通り、まとめられます。
  2. Aliexpressアプリの追跡から確認することができます。

    また、PCページでも、新しいトラッキング番号が発行され、動きを確認できます。

まとめられるって?

荷物が開封されると言う事ではなく。

封筒がまとめられて1つの袋で届く感じです。逆にJPトラッキングだけではなく、1ヶ月かかるTWトラッキングも早く届くようになりました。

今のところですが、1袋に3つくらいまでが限界のようです。

Yanwenにつきましてはこちらの記事をご覧ください

先頭に「JP」続いて数字ばかりのトラッキングの場合

配送のルート

「SinoEx」と言う中国企業の国際配送サービスを使い日本まで届きます。
日本まで届きますと、佐川急便が配達してくれます。

途中のトラッキング方法

トラッキング番号は、Cainiao で到着まで確認が出来ます。
公式サイトの「http://www.sinoair.co.jp/」でも検索ができますが、時系列での確認が出来ないので、Aliexpressの公式検索サイトが便利です。

到着までの日数

10~15日くらいで届きます。

始めたに「LP」や「EX」最後に「SG」がついているトラッキング番号の場合

配送のルート

これは初期の流通経由のトラッキングになります。
通知されたトラッキング番号の、最後にSGがついていた場合は、こんな企業を経由して届きます。

  1. 4px
  2. シンガポールポスト
  3. 日本郵便

2020年後半くらいから、シンガポール→日本は週に1便動くみたいです。
週初めにシンガポールに到着。
そのまま待機で、週末くらいに日本に到着すると、月曜日~火曜日に配達されます。

「LP」の場合は通常の国際書留便。郵便ポストに投函されらタイプ。

「EX」の場合シンガポールポストから日本まで、スピードポストと言うなのEMS便にて配送されます。配達はゆうパックの人で受け取りの受領印が必要です。

途中のトラッキング方法

中国国内では、4pxという企業が収集から、シンガポールポスト宛まで、配送を担当します。
トラッキング番号は、4pxCainiao で到着まで確認が出来ます。

1→2のシンガポールポストに配送を開始されると、シンガポールポストのトラッキング検索でも反映します。

シンガポールポストに到着すると、その日の内に日本向けに出発します。この時点で、日本郵便でもトラッキング検索可能です。

到着までの日数

4px→シンガポールポストまで3~5日くらいかかり、この区間の移動が、一番トラッキングが止まってしまいます。
到着まで2~4週間くらいで到着します。

本来ならトラッキング番号に「EX」〜「SG」がつく荷物はのEMS便となり、EMS便の方が早く届くのですが、何故か中国からシンガポールまでものすごく待たされます。そのため1か月くらい掛かることもザラにあります。

昨今の病気の影響により、3週間~1.5ヶ月掛かっています

YPのつくトラッキング番号の場合

配送のルート

2019年11月から動き出した配送ルートです。
特に最後にYPがついている場合、Yanwenを経由しますが、中国国内で2つの会社を経由します。

  1. 4px (飛ばされることあり)
  2. yanwen
  3. チャイナポスト
  4. 日本郵便

基本は4pxが集配のトラッキングを記録してみたいです。時にはいきなり4pxを飛ばして、Yanwenのトラッキングに出てくる事があります。

途中のトラッキング方法

中国国内では、yanwenと言う企業が、配送を担当します。
トラッキング番号は、Cainiao で到着まで、 yanwen では途中から最後まで確認が出来ます。

yanwen が受け取ると、yanwenのトラッキング検索でも反映します。

yanwen が受け取ったあと

2~3日で、トラッキングに、Last mile=> Destination country post, number LO*********CNとチャイナポストのトラッキング番号が表示されます。
最近はほとんどチャイナポストのトラッキング番号が出てこない時もあります
Cainiao もしくは yanwen でチャイナポストの新しいトラッキング番号が発行されます

2020年中盤くらいから、引き渡し先のトラッキング番号が表示されなくなりました。

その後は、色々な経由で配達されるため、多種多様に分かれており、トラッキングで、次に再度発行されるトラッキング番号から、さらに到着時期を予測することができます。

到着したラベルは上に重ねて張られています。最後にYPの付くトラッキング番号が貼ってあります。

YawenからChinaポストへ 2つ目のトラッキングの最後にCNがつくとき

Yawenから荷物の大きさなどによって最安のルートを選ばれるみたいです。

  • Chinaポスト(eパケットプラス)

チャイナポストに渡されると、eパケットと呼ばれる配送ルートで、日本に届きます。
发往KWSというトラッキングが表示されると、3~6日くらいで川崎市の国際郵便局に到着し、この期間中に日本郵便でもトラッキング検索可能です。

Yanwenだけのトラッキング

  • 2020-12-07 16:19 投遞成功 (配達成功)
  • 2020-12-06 01:00 離開寄達國互換局 (川崎東郵便局から発送)
  • 2020-12-05 09:00 海關查驗 (通関業務)
  • 2020-12-05 02:13 到達寄達國互換局 (川崎東郵便局に到着)
  • 2020-12-03 00:31 郵件投遞中 
  • 2020-12-01 08:44 出口資料
  • 2020-12-01 08:15 ●●(地名)郵局快捷收發股,承運人已攬收
  • 2020-11-26 21:31 待傳輸出口資料
  • 2020-11-25 08:50 Yanwen facility – Outbound
  • 2020-11-23 22:29 Processing information input
  • 2020-11-22 21:19 Yanwen Pickup scan

こんな風に英語の所はYanwen側、中国語のトラッキングはChinaポストのトラッキングを、配達完了までYawenで確認することができます。

到着までの日数

チャイナポスト→日本郵便まで3~6日くらいかかり、この区間の移動が、一番トラッキングが止まってしまいます。
到着まで12~2週間くらいで到着します。
昨今の病気の影響により、1ヶ月~2ヶ月掛かっています

詳しは下記ページをご覧ください。

最後にMYがついているトラッキング番号の場合

配送のルート

何度もアリエク便で注文していますが、本当過去に1度だけ、マレーシアポストを経由して届きました。
最後にMYがついていた場合は、こんな企業を経由して届きます。

  1. 4px
  2. マレーシアポスト
  3. 日本郵便

途中のトラッキング方法

中国国内では、4pxという企業が収集から、マレーシアポスト宛まで、配送を担当します。
トラッキング番号は、4pxCainiao で到着まで確認が出来ます。

1→2のマレーシアポストに配送を開始されると、マレーシアポストのトラッキング検索でも反映します。

マレーシアポストに到着すると、2~4日の内に日本向けに出発します。この時点で、日本郵便でもトラッキング検索可能です。

到着までの日数

4px→マレーシアポストまで7日くらいかかり、マレーシアポストに到着すると、●●日発送予定とトラッキングに出ます。
出発してしまうと、●●日発送予定のトラッキングは消え、出国後1ヶ月くらいで日本の郵便局に到着しました。

昨今の病気の影響中、1度だけの利用は1ヶ月掛かっています

AliExpress Standard Shipping での紛失の度合い

まとめて届くようになりました

先頭の「JP+数字トラッキング」と Yanwenの 「アルファベット2文字+数字+TWトラッキング」がまとめられるようになり、どちらも10日で届きます。

「アルファベット2文字+数字+TWトラッキング」 の場合、小さい・軽い品が多いのですが、 「アルファベット2文字+数字+TWトラッキング」 が1つだけの場合は、どうなるのかわかりませんが、同じ時期にまとめて注文すると、まとめらられます。

シンガポールポスト経由、マレーシアポスト経由ともにありません

2020年3月ごろ注文、6月に到着し、最大3ヶ月掛かった事がありますが、もはや3ヶ月かかることは極稀です。
むしろこれだけ掛かっても、シンガポールポストに向けて発送された便は、確実に届いている事が証明されています。
シンガポール向けに移動を開始した便は確実っぽいです。

最後にYPがつく発送方法は1度だけ紛失

トラッキング番号の最後にYPがつく発送で、yanwenからチャイナポストのeパケットになった時です。

1度だけ紛失があります。

トラッキングの番号から、次はチャイナポストが動く番になったけど、チャイナポストのトラッキングが受け取りもつかず

保証期間が過ぎた事があります。ちょうど中国では対面による受け取りを禁止にしたタイミングだったこともあり、サービスの変化でのトラブルだったのかもしれません。
届かなかった物は、アリエクスプレスが全額保証してくれました。

ランキング