ガジェット系

AliexpressからUSPで発送されるとどういう風に届くか記録してみます

先日パソコンのちょっと大きな周辺機器を注文したのですが、大きい品で家電製品でもあることから…。

AliExpress Standard Shippingでも、2,600円の送料って書かれていて、Fedexは3,000円くらいで発送されると書かれてあったので、FedExでお願いしました。

注文後注文した品が受付中止に

その後販売が再開したのですが、送料が大きく改定されて、もう注文できないくらいの値上がり状態。

私の注文はどうなるの?って思ってみていたら、「UPS Express Saver」で発送されました。

過去にはDHLやFedExは中国からよく使われる便ですが、UPSはアメリカのAmazon以外では初めてでしたので、トラッキングをメモします。

Aliexpress「外資の国際貨物便」でお願いすると出荷までが時間がかかります

8月24日に注文。
一週間くらい発送されなく、発送までの期間が切れそうになった所で、発送通知。
そのままキャンセルされるのかな?って思ったのですが、UPSで発送され、ちょっとドキドキ。

あれ?何かの時間稼ぎか?って思ったのです。

FedExもEMSもDHLも何故か注文すると、実際に荷物が動くまで1~3週間くらい待つことが常識のAliexpress。

今回は発送通知から、3日後には荷物が動き始めました。

UPSのトラッキングは本当に早い

時間地域詳細
2020/09/01 20:08China処理完了: ラベルが作成されましたUPSへの引渡し準備ができました
2020/09/02 20:10Shenzhen, Chinaお客様の荷物は輸送中です。配達スケジュールの計画を更新します。
2020/09/02 23:07Shenzhen, China荷物は配達先都市のUPS施設へ転送されました。
2020/09/02 23:13Shenzhen, China施設を出発
2020/09/02 23:35Shenzhen, China施設に到着
2020/09/02 23:56Shenzhen, China空港上屋スキャン(輸出)
2020/09/03 0:24Shenzhen, China施設を出発
2020/09/03 4:39Shenzhen, China施設を出発
2020/09/03 10:15Narita, Japan施設に到着
2020/09/03 10:45Narita, Japan施設を出発
2020/09/03 12:04Tokyo, Japan空港上屋スキャン(輸入)
2020/09/03 18:00Tokyo, Japan荷物は地元エージェントに引き渡され、配達が手配されました。
2020/09/03 21:15Tokyo, Japan施設を出発
2020/09/04 12:31TOKYO, JP配達済み
左右にスクロールできます

ということで、8月23日くらいに注文した商品は、9月1日に実際のUPSへの出荷依頼。
9月2日に集荷。
9月3日に東京に到着しそのままヤマト運輸さんへ
9月4日に到着です

到着した商品

国際版の宅急便。
やっぱり早いですね。

本気を出せばこんなに早いのに…。

USPの伝票。

ヤマト運輸のラベル。

通関の結果、関税や消費税は0円ですので、全て0円で処理されています。
USPでも結構はやい事が明らかになりましたね。