Aliexpressで注文したら発送される方法

中国通販にハマると、どうしても送料無料と言う魅力ある配送方法が、素敵な所があります。でも、日本と違って、どうしても時間が掛かるのですね。
掛かる時は本当2ヶ月たっても届かなかった事があります。まぁ2ヶ月以上経過しても届かない時は、ほとんど発送していません。

でも、過去に中国の内陸部から発送された品が、70日くらいで届いたこともあり、トラッキングを常に見ている心構えが必要です。

中国国内でも移動していたら、実際に発送しているけど、トラッキングが全く動かないのは、ちょっと送ったフリしているだけかも?

って事で、それぞれの送り方から、日数を記してみます。

通販日本の常識と海外(中国)の常識

日本の国旗日本では基本的に、注文された商品を発送したら発送通知とトラッキング番号をお知らせする事が、サービスの1つとして定着しています。
また、各郵便局や宅配便の拠点を通過したら、比較的早くトラッキングが更新・反映されます。

中国の国旗中国通販では、注文された商品の梱包し、配送先の伝票を打ち込んだ時点でトラッキング番号が発行されます。中国通販では基本的にこの時点をもって、発送通知になります(梱包したらもうキャンセル出来ないよ的な意味)。
発送通知があっても、実際には配送業者が品を回収にくるまで、発送元にあります。
また、民間の配送業者の場合、いろいろな 民間配送業者が絡んでいることもあり、トラッキングが2~5日経過してから反映する所もあります。

China Post Ordinary Small Packet Plus

一番安い発送方法。到着までに1ヶ月以上かかることが多く20~40日くらい、中国本土の内陸側や流通の悪いの地域から発送するとかなり時間がかかります。
トラッキングは中国国内のみ。日本に到着するとポストに投函されます
(日・祝日の配達はありません)

China Post Air Mail

China Post Ordinary Small Packet Plusにオプションを加えたようなサービス日数少し早いくらい配送方法。

早ければ2週間~30日前後。日本では書留扱いになり、日本国内に入ってきてもトラッキングが可能です。書留扱いのため、ポストには投函されず、直接受け取りのサインが必要です。
(日本では国際書留となり、日・祝日の配達があります)

過去に1度だけ、複数のChina Post Ordinary Small Packet Plus便の荷物と混ざって届いたときがあり、その時はトラッキングも動かず、サインも無しでポストに入っていた事があります。サインが必要な時は、

e-EMS もしくは ePacket

EMSと名称がつくが、実際eパケットという発送方法。早さは気持ちChina Post Ordinary Small Packet Plusより早いくらいかもです。

日本に届いてからもトラッキングが可能です。日本ではポストに投函されます2週間~40日くらい。早い時は、China Post Air Mailと同じくらい。(日・祝日の配達はありません)

AliExpress Standard Shipping

Aliexpressがシンガポールポストと提携して実施している配送方法。中国国内では4pxという企業が対応し、シンガポールを経由して、日本に届きます。日本国内でもトラッキングが可能です。
4pxでは発送から到着までトラッキングが可能。シンガポールポストが受け取ると、シンガポールポストと日本でもトラッキングが可能。
China Post Air Mailとあまり速度は変わらない20~40日くらいだけど、日本では国際特定記録便となり、受け取りのサインは不要でポストに投函です。
国内に入ってから通関が遅いことがあります。  (日・祝日の配達はありません)

最近はAliExpress Standard Shippingで注文しても、送料無料だったらYanwenになってることがあります。トラッキング番号の最後にSGがついていればAliExpress Standard Shippingです。頭にLやS数字ばかり最後にアルファベットなしの時はYanwenです。

SunYou Economic Air Mail

中国からいろいろな国を経由して、日本に届くと言われています。私の場合は、台湾ポストが多く、ラベルが2~3枚貼られて届きます。
合計40~50日くらいかかります。ポストに投函で受け取りサインは不要です。

Yanwen Economic Air Mail

こちらも同じく中国国内の配送業者が海外を経由して、日本に発送します。SunYou Economic Air Mail同様に台湾ポストを経由することが、私の経験では多かったです。
ラベルは1枚貼られているだけです。Chinaポストと変わらないくらいで、3週間くらいで届く優秀さです。受け取りのサインも不要です。

EMS(国際スピード郵便)

郵便の中では一番はやい配送方法です。Chinaポストに渡されると、2~3日で届きます。でも、実際Chinaポストに渡されるまで、過去2回の経験から5日かかります。そのため、7~9日くらいで受け取り。
ゆうパックと同じ扱いで、ゆうパックの人が持ってきてくれますので、受け取りサインが必要です。郵便の中では一番最速。

Fedex

リモートエリアでないかしっかり確認してください。 DHLと同じく全世界的にも有名な業者。
やっぱり早く4~7日くらいで届きました。

DHL

高価な物を購入した時は、民間の国際宅配便が一番安心です。
でも、日本では地方に行くと、DHLやFedexが直接配送しない、提携業者に引き継ぐ地域が多く、中国通販では、別途料金をさらに上乗せされることがあります。リモートエリアでないかしっかり確認してください。

消費税や関税もしっかり計算されますので、高価な物、壊れたらまずいものだけに注意してください。
私まだそんな高価な物買っていないので、説明のみです。

SYD+JCEX

割れ物だったため、私はFedExでお願いしたのですが、通知された番号で一向にトラッキングが動かなく。
また、セラー→代行業者→FedExとの流れなので、代行業者のところで時間かかっているのかな?って思って気長に待ってたら、佐川急便の人が持ってきてくれたケース。
結局中国国内はSYDexpress。国際荷物はJCEXexpressと3日くらいで移動し、日本国内では佐川急便さんが持ってきてくれました。
5日くらいで届きFedExと変わらない。もしくは、ちょっと早い感じ。