ガジェット系

みんなが中国通販を利用するきっかけのスマホパーツ

中国の風景
中国の風景

過去に利用した中国通販

  1. Aliexpress を初めて利用したのは 2017年1月。400オーダー。
  2. Banggoodを初めて利用したのは2017年9月。45オーダー。
  3. GearBestを初めて利用したのは2016年4月。1オーダー。

ということで、初めての中国通販はgearbestですが、実は1度しか利用した事がないのです。

私が中国通販に切り替えていった流れ

GearBest を利用した時、現在は大丈夫かと思いますが、当時はDHLしか配送が出来なく。我が地域はリモートエリアだったこともあり、プラス3,000円もかかったのですね。

それで一度中国通販は諦めていたのです。

でも、HUAWEIのスマートフォンを使うようになると、時々、 検索結果にAliexpress が出てくるんですね。

もちろん他にもいろいろな通販業者がいらっしゃいますが、どこも基本的にAmazonみたいな自社通販の運営方式。

Aliexpress だけが楽天みたいなモール方式。

さらに Aliexpress には、公開紛争と言う手続と60日で届かなければ、全額返済と言う創業当時からのポリシーがあります。

そこでAliexpressを初めて注文した時の商品って言うのは、HUAWEIのスマホケースだったりします。

とにかくいろいろな品であふれているのが、その時から感じたAliexpressの印象でした。

おかげ様で、現在ほとんど日本のAmazonとか楽天で買うものは、食品とか中国で買えない物しか買っていない状態。

また久々にAliexpressでスマホケースを購入

スマートフォンっていえば、皆さん2~3年くらいは使うかと思いますが、やっぱりケースは1年も使うとだいぶへたってきます。

届いた品
届いた品

すっかりお決まりの中国通販の国際郵便もお手の物です。
シルバーっぽい色。もしくは黄色。さらに真っ黒な袋の3色で届くのが海外通販です。

中国通販なのに、なぜかシンガポールやスウェーデンを経由したりする、第3国を経由する配送方法にも慣れてきました。

通知されたトラッキング番号で検索しても、1週間~2週間トラッキングが動かなくてもびくともしなくなりました。

相手もプロなので届いた時とにかく破損が出ないようにします

どんな状態で送られようとも。
外箱がボコボコになろうとも・・。

とにかく中身さえ安全に届けられればそれでヨシの精神。

スマホケースの場合、このロックの部分にしっかり紙が挟んであり、色落ち防止をしたり。

ぺちゃんこに押しつぶされないように、内側に吸収剤がはいっていたりね。

相手もまさにプロです。

日本で買うより1/2~1/3って言うのがうれしい

届いたスマホケース
届いたスマホケース

届いたスマホケースは無事にスマホケースに取り付け完了です。

こんあスマホケースから、中国通販にハマってしまった今日このごろ。
ほとんどの工場がメイドインChinaの時代において、産地直送がやっぱりお値打ちだったりします。