安すぎでしょ!コストコのINTEXイージーセットプールを開封してみるよ

プール遊び

いよいよ子供達には楽しい夏休みです。でも、今年も本当暑いですね。
そんな暑い日に、吹き飛ばしてくれるのは、やっぱりご家庭用のプールもその1つではないでしょうか?

コストコメールマガジンでプールが2千円

私毎日届くコストコのメールマガジンを読んでいます。
あまり読まないこともあるけれど、時間があれば、読んじゃうんですね。

読んでいたらプールが2,000円って書いてあって!今年は我が家にも、小さい子がいるので、プール買ってみるかな?ってことで購入です。

実際に店舗で見つけるとさらにやすかった

何故かメールマガジンでは2,000円くらいだったのに、さらに安い税込み1,777円です。もともと買うつもりだったのですし、安いニコしたことはないですもんね。

プールの展示
プールの展示

商品の真上には、購入したいプールが展示されていました。
私が気に入っているのは、水を入れるだけで、自動的にこぼれず壁が出来上がっていくって言う宣伝文句ですね。

購入したのでさっそく開封

INTEXのEASYSETって言うプールは定番商品の1つらしく。
日本では一番小さいザイズが売っています。
それでも直径183cmってことで、そこそこ家庭用プールとしては大きいですよ。

http://s.click.aliexpress.com/e/cq7QWuqk

ちなみに更に大きいのになると、自立式ではなく壁にも、エアーが必要です。エラーポンプ付きで、こんな価格で販売されていました。

試運転してみましょう

箱を開けるとこんな感じです。
プールって、買ったサイズに折りたたむことがどれだけ難しいか…。
毎年プールが終わる時期になると悩むんですよね。
それまでは乾かす目的もあるので、反対向きにして置いていくだけですからね。

付属品
付属品
  • プール本体
  • 説明書一式
  • カプラー

説明書は各国の言葉の説明書が書かれてあり日本語も真ん中にあります。
カプラーは使い方わからず、水抜行きに使うみたいだけど、使わなくても水抜けました。

水抜きの穴
水抜きの穴

今回買ったコストコのプールには3箇所穴が空いています。
1つはネジ式。
残りの2つは、↑の通りキャップ式ですので、キャップをしてこぼれないようにします。

3つがそれぞれの高さに穴が空いているので、水を抜く際の穴の位置などを気をつけて設置してください。

また、一番上の穴はキャップをしないことで、以上に高くなるのを防ぐことも出来ますね。

水を入れます

プールを広げた所

底側をしっかり伸ばします。
石などがあると破れたり、足が痛いので気をつけてください。
何か捨てられる絨毯とか使うといいかもですね。

水を入れる所

結局輪っかの部分にエアーを入れないとだめでした

今回は自分の口で入れましたけど、このエアー部分が吹輪みたいになって、水を入れてもこぼれなく。ドンドン壁が出来ていく感じですね。

水が溜まった状態

しっかり水が入りました。

結局準備に30分くらいかかりましたね

慣れてくるともっと早いですし、一度輪っかの所に空気を入れたら、箱にしまうまで抜く必要は無いですからね。

大人も入れますし、いい感じです。
まだ足湯って言いますか、足だけ入れて涼しんだ程度ですが、いい感じです。

子どもたちも大喜び

喜ぶ子どもたちの様子

このサイズなら小学生2人が入っても暴れられるみたいです。
軽く顔に水をつけて、練習することも問題なさそう。

とっても良いお買い物が出来ました

水を抜くのも30分くらい

水抜き穴
水抜き穴

一番下側にある 水抜き穴 はこちらですね。
外側内側にキャップがあって、これを開けると、全部抜けちゃいます。

2段目の穴
2段目の穴

2段目・3段目の穴も使うと、もう少し早く水が抜けます。
やっぱり大容量だけあって、水を入れるにも抜くにも時間がかかります。

朝準備して、そのままある程度水を常温化へ

プールで楽しんでしっかり片付けたいですね。

これで2,000円なら安いお買い物でした