次に買うならこの機種 2015年7月10日編 また順位入れ替え

先日スマートフォンのMVNOに関する調査が発表され、MVNO以外の回線を使っているが、格安SIMなどのMVNOサービスのことを知っている・名前を聞いた事ある人の割合が増えているそうです。

Zenfone2が売れているようですが、やっぱり売れ始めると、色々サポートに関して残念な面などが浮き彫りになってきたり、難しい所ですね。
また、日本メーカーのFREETELがメインイン・ジャパンの復活を狙い、国産スマホをうたったスマホを販売させたり、まだまだ加速化が進んでいます。

今使っているスマホが壊れたら、この順番で買いたいなと思う勝手なランキングです。

1位候補:HUAWEI P8lite

HUAWEI P8lite

ファーウェイが販売しているお手軽スマホとなります。
元々ファーウェイは、OSのアップデートは期待できないメーカーと言う話もあり、ある最新思考ではなく、安定継続思考の方に向いています。

¥28,094
¥28,300
¥28,500

 
 
 
第2候補:Zenfone2 メモリ:2GB:32GB版 グレーのZE551ML-GY32での調査

ASUS ZenFone 2

¥38,480
¥38,660
¥38,660

残念な子とまで評されたサイトまでありますが、今までの携帯電話と言う感覚とサポートにて購入しちゃうと、どうしてもこうなっちゃうのかな?とパソコンのサポートから考えると、これが普通だったり、難しい所ですね。

 
 

第3候補:honor6 Plus

honor6 Plus
2つのレンズで色々変わった撮影が楽しめる新機種です。
エリアプラスが未対応な所が心細く、ファーウェイはAndroidのバージョンアップに消極的なので、端末の安定性を求めるなら、いいかもですが、もう少し冒険心が欲しいですね。

49,464円

公式サイトでのみしか購入出来ない所が、難しい所ですが、長い目で見てコストが下がると判断したいですね。