Aliexpress Selection Standard便とはどんなルートで届くの?

2022年6月18日時事

2022年頃からAliExpressで指定することが出来る・注文すると使われるようになってきた「Aliexpress Selection Standard」はどんなルートで届くのか?解説してみたいと思います。

プロモーションの案内

ただいま開催中の限定セール


サマーセール
  1. サマーセール (6月17日16時~)
    値引きクーポンコード(6月17日16時~)
    29ドル以上で4ドル値引:SS4
    59ドル以上で8ドル値引:SS8
    89ドル以上で12ドル値引:SS12
    129ドル以上で18ドル値引:SS18
    179ドル以上で25ドル値引:SS25
    269ドル以上で40ドル値引:SS40
    499ドル以上で80ドル値引:SS80
  2. 何か良いものが見つかる

[広告]

一言で「Aliexpress Selection Standard」を言うと

  • 発送者があまり経験が無い国への発送でも!
  • 配送トラブルを少なく
  • 従来より早く受け取れる

これは、発送者が経験が少ない国への発送でも安心して利用でき、配送トラブルを減らしながら、従来よりも早く商品を受け取ることができる便ということです。

注文ページにある選択欄

Aliexpress Standard Shippingという配送方法は結構多いのですが、Aliexpress Selection Standardという便がある品がきになってしまいました。

今回はAliexpress Selection Standardで商品を注文してみました。

余談:実はあたらない配送予定日

AliExpressにかかれている配送予定の日は、結構あたらないです。
どちらかと言えば、トラブルで遅くなった場合は、その日数になるかもしれないって事です。

Aliexpress Selection Standard、Aliexpress Standard Sippingともに、2023年6月27日現在では、比較的早く2週間くらいで届きます。
ただし、リチウムイオン電池を含む商品で、トラッキングに「SG」がつくと、稀に2ヶ月かかる便になります。

Aliexpress Selection Standardとはどんな風に届くのか?

AliExpressが自動で適切に配送してくれる便でもあります。
結果、Aliexpress Standard Sippingと何も変わりません

Aliexpress Selection Standardで届いた1例

発送後AliExpress経由で通知された番号は「010*******」で始まる13桁の数字です。
結局AliExpressのCAINIAO追跡では一切確認ができませんでした。
何故なら、中国国内は別のトラッキングで移動していたからです。

Aliexpress Selection Standardで届いた便

少し大型!大きな品を注文しました。久しぶりにAliexpress Selection Standardで注文してみました。

届いたラベルは2重になっており、発送時セラーが貼ったラベルの上に、日本で貼られたラベルがあります。
そのラベルを分析しました所、以下のルートで届きました

1例のトラッキングの詳細

全トラッキング

06-18 21:32 zhongguo dongguan f
06-18 22:32 CN.CNE South China Sort Facility, Shipment Processed
06-18 23:15 CN.CNE South China Sort Facility, Departure Scan
06-19 21:49 CN.CNE South China Sort Facility, Shipment Loaded【115JP00026794】
06-19 21:49 CN.CNE South China Sort Facility, Departed CNE Facility
06-20 13:50 CN.CNE East China Sort Facility, Arrived at CNE Facility
06-20 14:25 CN.CNE East China Sort Facility, Inbound scan【115JP00026794】
06-21 12:29 CN.CNE East China Sort Facility, Depart From Local Facility
06-21 14:57 CN.Shanghai Pudong Airport – China, Arrived Export Airport
06-21 15:57 CN.Shanghai Pudong Airport – China, Released From Export Customs
06-21 19:55 CN.Shanghai Pudong Airport – China, Shipment Departed From Original Country
06-21 23:44 Narita International Airport – Japan, Arrived at Import Airport
06-22 00:20 Narita International Airport – Japan, Released From Import Customs
06-22 02:50 Japan, Arrived At The Delivery Company
06-22 23:22 城西営業所, 集荷
06-23 21:34 関東中継センター, 輸送中
06-24 16:47 ***営業所, 配達中

中国で発送から出国まで解説

トラッキング番号は、「DY」で始まり数字のみの14桁のトラッキング番号になっておりました。
CNE EXPRESSという中国国内の民間便を通じて、発送されています。

6月18日に発送依頼その日の内に移動開始しています。
6月21日に中国から日本に向けて出国します。

日本までの便は佐川急便でした

通知された番号佐川急便の国内検索ではなく、国際便検索にてこの時点から検索ができるようになりました。
上のトラッキング詳細でいうと

06-21 14:57 CN.Shanghai Pudong Airport – China, Arrived Export Airport

このトラッキングから佐川急便(国際便)が担当している事になります。

日本国内も佐川急便でした

6月22日の深夜国内便に切り替わります。
6月22日の締め切りは過ぎていた事から…、6月24日配達してくれました。

佐川急便の日本版検索では、発送を開始した記録はつきましたが、配達完了まで、配達にお伺いしていますは付きませんでした。

Aliexpress Standard Sippingの事情

Aliexpress Standard Shippingのまとめはこちら

Aliexpress Standard Shippingの事情

従来より構築していた「Aliexpress Standard Sipping」が、少しずつ

  1. 台湾ポスト(軽くて小さい物:時間がかかる)
  2. シンガポールポスト(バッテリーを含む物:少し時間がかかる)
  3. Yanwenのチャイナポスト(その他:混雑していなければ早いが遅延すると紛失もあり)

この3種類から経由していたのですが、チャイナポストが民間便になるようになりました。
当初は民間の便というのはShino便だったのですが、Shino便でも、AliExpress系専門の便(日本で言うメルカリ便)みたいな独立したサービスになったのか、Shino便とはかかれなくなりました。

新しい配送手段

  1. 台湾ポスト(軽くて小さい物の単品:時間がかかる)
  2. シンガポールポスト(バッテリーを含む物:少し時間がかかる)
  3. 民間Shino便(その他:比較的早い)
  4. Yanwenのチャイナポスト(ほとんど使われません:混雑していなければ早いが遅延すると紛失もあり)

と言う形で民間の便が入るようになり、ほとんどが民間の便になりました。

まとめる便の誕生

新しい手段として、複数の注文をまとめてから発送する、まとめる(連結倉庫・統合倉庫)と言うサービスが加わり、従来台湾ポスト経由で時間がかかっていた物もまとめると、早く届くようになりました。

そのため、AliExpressで軽い小さい物を注文する時は、台湾ポスト経由でかなり時間がかかっていましたが、2~3個まとめて注文すると従来は1~2ヶ月かかっていたのが、10日~2週間くらいで受け取れるようになりました。

増えすぎたAliexpress Standard Sippingの問題点

でも、Aliexpress Standard Sippingの場合、従来の便でバッテリーを含む物を購入する時、発送者がそれをバッテリーを含む扱いの処理をしないと、途中で止まってしまう・紛失することがあるのです。

いわゆる発送者にも手間・負担が発生していたのですね。

複雑な発送を全てやってくれるのがAliexpress Selection Standard

正直な話し、これはめちゃくちゃ便利!発送側の手間が減って、受け取る側としても安心感が増すなんて、まさにウィンウィン!

受け取る側は、Aliexpress Standard Sippingと何も変わりません。

でも利点もあります

  • 発送側ミスによる配送トラブルを防げる
  • 複数注文すると自動的・注文時に指定するとまとめて早く受け取れる
  • 従来より安心度が上がっている

と言う点ですね。