AliExpressで頼むとSGがつくシンガポールポスト経由の2023年まとめ

2023年12月7日時事

中国を拠点として、世界へ商品を販売出来るAliExpressでは、この10年で本当に様変わりしており、日本への発送も迅速に早く届くようになりました。

AliExpressにてリチウムイオン電池を含む製品を注文すると、シンガポールポストを経由することが多く、その理由と歴史をまとめてみました。

プロモーションの案内

ただいま開催中の限定セール


サマーセール
  1. サマーセール (6月17日16時~)
    値引きクーポンコード(6月17日16時~)
    29ドル以上で4ドル値引:SS4
    59ドル以上で8ドル値引:SS8
    89ドル以上で12ドル値引:SS12
    129ドル以上で18ドル値引:SS18
    179ドル以上で25ドル値引:SS25
    269ドル以上で40ドル値引:SS40
    499ドル以上で80ドル値引:SS80
  2. 何か良いものが見つかる

[広告]

なぜリチウムイオンの配送は難しいのか!

国際便

リチウムイオンバッテリーは、過熱や短絡により発火・爆発の危険があり、航空輸送中の安全リスクが高まります。国際的な規制やガイドラインは、これらのリスクを管理し、安全な輸送を確保するために設けられています。

特に航空便では、バッテリーのパッケージング、マーキング、およびドキュメントの厳格な要件が求められ、これによりリチウムイオンバッテリーの航空輸送が難しくなっています。

このお話の注意点

このお話は送料を安くする為の場合は、10年前からでも、DHL・FedEx・UPSなどを利用すれば、比較的早くリチウムイオンを含む製品を受け取る事ができます。

しかし、お金がかかるんですよね

私の経験

私がAliExpressのでお買い物をするようになる前、今から10年近く前ごろからリチウムイオンを含む製品を注文すると、何故かスイス経由になってしまい、1ヶ月近くかかる便になります。

正式には2019年10月からのようですが、チャイナポストもUN38.3要件に関連し、リチウムバッテリーの輸送に関する新しい規制を適用することになり、ますます中国国内からリチウムイオンを含む製品の発送が難しくなっていました。

その時の記事はこちら:中華タブレットをBanggoodから購入したらスイス経由になりました

なぜ第3国のシンガポールを経由するのか?!

SGのつく便

しかし、奇跡が起きるようになりました。
ある日を境目に、リチウムイオンを含む製品はトラッキング番号が、「L*」で始まり最後が「SG]で止まるトラッキング番号がいつも発行されるようになりました。

シンガポールポスト

そうです!シンガポールポストを経由するのです。
始まった頃は本当に奇跡でした。

今まで1ヶ月は当たり前、途中でトラッキングの更新が1~2週間止まり、地球の反対側を経由して、届いていた便が、2~3週間で届くようになったのです。

これはまさに奇跡でした

残念ながらシンガポールポストも混雑します

シンガポールポストもすごく早い時は、14日くらいで届きます。
これは本当に嬉しいのですが、AliExpressの最大のセールなどになると、遅延が発生するようになりました。

ハイシーズンの貨物便

こればかりは仕方なくですね。
季節物なので、仕方ないくらいでとどめていました。

2022年シンガポールポスト経由が壊れる

しかし、夢のような便は突然壊れました。

2021年頃からだと思うのですが、ハイシーズンの貨物便だけに限らずシンガポールポストを経由すると、中国からシンガポールに向けて移動を開始すると、そこで荷物で消えてしまうのです。

トラッキングも動きません

FedEx

そして、AliExpressの保護期間ギリギリになって、FedExで届くんです。
これは本当に驚きでした。注文してから、届く頃には、2ヶ月経過しており、もう早くほしいと言うムードから、もう要らない!と言うムードに変わっているのですね。

その時の記事はこちら:AliExpressのトラッキングにSGがつくシンガポールポスト経由が2022年から鬼門になりつつあります

AliExpressが民間便と合わせて自社便を構築

OnePlus 8 Pro

2022~2023年にかけてAliExpressは、ほとんどが自社便を構築し、日本に向けての発送が本当に楽になりました。
リチウムイオンを含む製品もかなり楽になりましたが、まだスマートフォンやワイヤレスイヤホンのような、中華でおなじみの家電を買うと、シンガポールポスト経由になります。

シンガポールポスト

やっとシンガポールポストが改善されつつあります

2023年後半になって、やっとこのシンガポールポストの便が改善されつつあるようです。

シンガポールポストがどのように改善されたのか?!

シンガポールポストポスト経由

シンガポールポストを経由する際、以下の2つの経由に分かれる事になりました。

  1. シンガポールポストから日本まで日本郵便で届きます
  2. シンガポールポストから日本まで民間便で届きます

中国からシンガポールポストまでは同じルートなのですが、何故かシンガポールポストから、日本郵便で経由する便と民間便を経由する便に分かれる事になりました。

日本郵便を経由する便

9月28日発送、10月6日郵便局が配達してくれる。シンガポールポスト経由で始まった頃と同じ経由です。
こちら従来は消えてしまったのですが、改善されて、10日くらいで届いています。

トラッキングの詳細

09-28 16:38 GMT+8 物流会社で引き受け済み
09-29 09:08 GMT+8 国際交換局で処理中
09-29 10:00 GMT+8 国際交換局を出発
09-29 11:27 GMT+8 出発地の物流ハブに到着
09-30 09:54 GMT+8 運送会社に引き渡し
10-01 11:30 GMT+8 経由国・地域に到着
10-02 11:44 GMT+8 経由国・地域を出発
10-03 06:56 GMT+9 仕向国に到着
10-03 16:42 GMT+9 仕向地の配送会社で引き受け済み
10-04 08:59 GMT+9 輸入通関手続き開始
10-05 00:59 GMT+9 通関 輸入通関完了
10-06 08:02 GMT+9 配達中 現地配送センターに到着
10-06 12:15 GMT+9 お届け完了 荷物のお届け完了

民間便を経由する場合

10月19日発送の10月25日配達完了と、かなり早いです。

トラッキングの詳細

10-19 10:04 GMT+8 ご注文品は大量出荷に向けて梱包済みで、配送業者への引き渡し準備ができています。
10-19 13:55 GMT+8 配送業者が大量出荷の引き受けを完了
10-19 13:55 GMT+8 物流会社で引き受け済み
10-20 02:07 GMT+8 国際交換局で処理中
10-20 03:48 GMT+8 国際交換局を出発
10-20 11:01 GMT+8 出発地の物流ハブに到着
10-21 14:48 GMT+8 経由国・地域に到着
10-21 18:56 GMT+8 経由国・地域を出発
10-22 09:41 GMT+8 運送会社に引き渡し
10-23 13:28 GMT+9 仕向国に到着
10-23 13:28 GMT+9 配達中 仕向地の配送会社で引き受け済み

まとめ

シンガポールポストを経由しても民間便を経由する方が早いのは事実ですが、シンガポールポストのトラッキング検索でもしっかり出てくるのです。

混雑に応じて振り分けているのかわかりませんが、やっと遅延が収まった事は嬉しい事です。

まだ、ピークシーズンにどのような動きを見せるのか、経験がないのですが、着実に改善されているAliExpressの便なのでした。