HUAWEIのスマートフォンをデスクトップパソコン風にしてしまう、BaseusのUSB&HDMIハブを買ってみました

昨年に購入したHUAWEIのスマートフォン Mate20proはすごくいい感じで、毎日の生活に必需品となっております。
HUAWEIのスマートフォンのいつ頃からか、忘れちゃったのですけど、P20も対応していたかな?

デスクトップモードというのがあるのですね

スマートフォンをHDMI出力すると、本来ならスマートフォンの画面のミラーリングとして使えるのですけど、デスクトップモードにすると、まさにパソコンして使うことができるのです。

マウスやキーボードもつなげると、そこにはデスクトップが広がり、ウィンドウを立ち上げてって感じで、WindowsやMACの風景が広がります。

USB&HDMIハブを買ってみることにしました

滅多には無いのですけど、簡単にイメージするなら、ホテルのテレビにHDMI端子に刺せば、簡易デスクトップとして、ホテルに宿泊する時に、パソコン環境を利用することができるのですね。

私外泊することはほとんど無いのですが、年に1回あるか無いか。今回そんな時のために、わざわざスペックの高いノート型パソコンを買うのもあれですし…。

Baseus 6 ポート Usb タイプ C に 3.0 USB C ハブを購入です

Baseusのハブ

中国通販のこの手の商品といえば、UGREENかBaseusなのですね。UGREENはケーブルの質はすごくいいと思います。でも、メカチックな方は、個人的に、Baseusのほうが安定しているかな?って事で、Baseusをチョイスしてみました。

Baseusのハブ

スペックとしてはこんな感じです

型番 Baseus Machanical Eye 6 Ports USB HUB
出力端子USB 3.0 3ポート
HDMI 1ポート
RJ45(LAN) 1ポート 
HDMI Supports 4K/30Hz
対応電圧5V~20V
対応電流 220~3000mA
サポートパソコン
Mac OS sierra/Windows 10/Google Chrome OS,Etc
素材Aluminum Alloy+TPE Wire
USB3.0ポートの転送速度
最大5Gbps
ネットワークポートの転送速度最大1Gbps
寸法122mm×25.6mm

HDMI出力をするには電源が必要です

HDMIポート

このハブをパソコンに指したり、スマートフォンに挿して、単純なUSBハブ以外、HDMIポートを使うには、左側にタイプCのUSBソケットがありますので、電源をつなぐ必要があります。
電源をつなぐと、そのままスマートフォンも充電モードになります。

LANポートは1Gbpsまで対応だそうです。スマートフォンで使えるのかは未確認です。

HUAWEIのデスクトップモードを試してみます

先程 のハブとHUAWEIのスマートフォンを指します。そして、電源ポートにタイプCの電源をつなぐと、HUAWEI側はデスクトップモードを認識し、モニターには、デスクトップが表示されます。

スマートフォンの画面は、タッチパッドになり、マウスとして操作したり、キーボード入力もできちゃうスグレモノ。
そのままUSBから、マウスやキーボードを指しても、ちゃんとマウスやキーボードが使えます。

アプリ一覧

ChromeOSに近い感じですが、アプリ一覧がAndroidの標準アプリが入っています。
Chromeを開けると、スマートフォン側の開いていたページがそのまま開きます。

HD解像度に近い感じで、ちょっと上下が狭いかな?って感じでもあります。

バリバリ持ちあるけるWindowsをイメージすると、ちょっと違うけど、簡易的なデスクトップとして、使うことができるみたいです。

お仕事のメールの返事など長文になる時は、やっぱりキーボードのほうが楽ですよね。

旅に行く時は、HDMIケーブルとこちらのハブは持参したいと思います。

今回の購入店

Aliexpressにあります「Baseus」公式のセラーです

http://s.click.aliexpress.com/e/e26fgJA

やっぱり廉価品でも無いので、それなりに高価な物となっております。
でも、HDMI出力もあるので、それなりに信頼のあるメーカー品の方が安定して使えると思います。

日本ですとこちらのメーカーが人気かな。