Aliexpressで送料無料のFedEx便をお願いしたら「日本专线小包」で届きました

時事

先日aliexpressのセールに1万円くらいの物が、1,000円安く購入出来るチャンスがあったので、注文をしてお願いしました。

発送方法は2種類

そこそこの精密機器で重量もある物だったので発送方法は、以下の2種類です。

  • Fedex IP
  • Aliexpress Standard Shipping

いつもは送料無料のStandardShipping便の方が4,000円って凄い金額ですけど、重量の問題でしょうかね。

注文から発送通知まで1週間

1週間くらい発送まで待たされるのは、この手の精密機器ならではだと思いますので、別にいくらかかってもらっても構いませんが…。

首を長くして待っていたら、1週間後発送通知です。

通知されたトラッキング番号から謎が始まりました

FedExの場合1週間くらいトラッキング番号が動き出すまで時間がかかった事が結構あります。
なのでこちらが動くのも気長に待っていたのです。

いきなり配達されました

こちらですね。
たまたま家族でお買い物に行って、家に戻ってきた時、この荷物の事を話していたら、まさか…。

佐川急便の人がこの箱を持ちながら、お家に入ってきてwww
噂をすればなんちゃらだなぁ~とワクワクして開封。

品は問題なしです

さぁどんな方法で届いたのか確認してみました

佐川急便のラベルをめくるとこちらですね。

もう右上の漢字を見ればわかります。

日本专线小包

これで検索すれば一目瞭然

日本で提携しているのは、佐川急便です。

結局通知されトラッキング番号も佐川急便でした

FedExIPで送るよ!って言われた場合、FedExのトラッキング番号は12桁だそうです。

航空貨物運送状番号とは?

上記運送状に記載されている、貨物を追跡を可能にする12桁の番号のことです。
※追跡番号、トラッキング・ナンバーと称されることもございます

FedEx「航空貨物運送状(Air Waybill)とは何ですか?」

ということで、13桁発行された時点で、気がつけばよかったですね。

確かにFedExと今回の「日本专线小包」は対して変わらない速度で届きます。
FedExも発送通知から動き出すまで1週間くらい、今回の日本专线小包も発送通知から日本に届くまで1週間位かかっています。

FedExとDHLはそもそもヨーロッパとアメリカの企業ですし、中国国内で佐川急便がコネクトを強めているのであれば、佐川急便が直送で持ってきてくれた方がいつもどおりと言う感じがしますね。

国際便時事

Posted by かぴばら