今日からスマートフォンのバッテリー交換ができるツールをコツコツ集めてみました

ガジェット系

割れた液晶モニターの交換は、かなり大変そうですが、バッテリーくらいは交換できるように成りたいと思い。
過去に数台のバッテリー交換に挑戦してみました。

おかげ様でいまの所失敗知らずです。
でも、もう少し安全にしっかりできるように、色々キットを準備したくなり、思わずこの半年くらいかけて、AliExpressで集めてみました。

スマートフォンの開胸をイメージしながら、必要な物のご紹介です。
あくまでもツールのご紹介です。自分で修理を推奨している訳では無いので、厳しい方は、絶対に無理しないで下さい。

作業台の確保

まず広い作業台があっても、万が一ネジがどこかに転がっていかないとも限りません。
また、ネジの紛失も怖いです。

そんな時に役立つのは作業マット

実はいきなりAliExpressと言いつつ、近年の円安のおかげで悩ましさが倍増しているのですよね。

日本でも流通しているものは、AliExpressは送料や円安がネックになっています。
この作業マットのよい所は、1つ1つ外したネジを並べて置く穴があることですね。
さらに実際に体験したのですが、この作業マットの上で作業をすると、ネジが滑って行かないことです。

コロコロと転がって、机からねじが落ちると探すにも一苦労ですよね。

スマートフォンの分解準備

作業スペースが確保されたら、分割へと行きます。
スマートフォンは、モニター部分と本体部分が、粘着素材で貼り合わせをしてあります。

スマートフォンによっては、ネジで固定されている物もありますが、分解を考えて、粘着素材で貼ってあります。

その粘着力を弱めるには

  • ヒートガン
  • 無水エタノール

を使います。

無水エタノール
無水エタノールP 500ml(掃除)

無水エタノールP 500ml(掃除)

995円(12/08 23:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

無水エタノールとスポイドですね。
今回準備しました。ヒートガンはもう持っていますからね。

はんだ洗浄用針先,液体用透明フラックスアルコールオイルディスペンサー,ペットボトルクリーナー,日曜大工修理工具,50ml

アルコールをシュッと吹きかけるように、こちらのディスペンサーを購入しました。

無水エタノールをかけたら、しばらく放置し。
いよいよ開胸開始ですね。

スマートフォンオープナー

LCD画面のセパレーター,ユニバーサル携帯電話の日焼け止め,分離,加熱されたすべての携帯電話画面の分離,ツールSS-601G

スマートフォンの画面を分離機ですね。

もう写真を見ればわかりますよね。

上下を挟んで、吸引で引っこ抜く感じです。

こんな風です。
テコの原理でこじ開けるのではなく。

ネジ山を使って少しずつめくっていきます。
こちらの機械を使えば、画面をめくることができます。

オープニングツールも念のため

頑固なスマートフォンの画面が剥がれない時の貯めに、オープニングツールもいくつか購入しました。
ギターのピッグみたいなのもあります。

これは一式セットを買うと、よくセット内についてきます。
でも、それではやっぱり開けられなく右側の長いツールを使えば、しっかり開ける事ができます。

決して高く無いので、1つあっても良いツールの1つですね。

あとこちらの手動オープナーも持っています。

開胸後は目指せバッテリーへ

液晶モニターを開ける事ができると、今度はバッテリーを引っこ抜くまでに、1~4個くらいピンを引っこ抜くことも必要です。

充電用ケーブルのピン・カメラのピン・背面に指紋センサーがあるとそのセンサーのピンなどです。

手では抜けなく。
どうしてもピンセットの出番になります。

いろいろな形があれば、便利ですが、実際コネクタピンは、平型のピンセットがあればいいのかな?

交換後はまた蓋を閉じます

蓋を閉じたあとは、また液晶をして粘着力を蘇らせ、引っ付かせる必要があります。

修理ツールキット,プラスチック,電話/タブレット用,lcd画面固定用,iphone用,samsung ipad,4個

こちらのクリップを4箇所に鋏、しっかり固定させれば完成ですね。

これだけのツールがあれば、スマートフォンのバッテリー交換はできます

もちろん無くてもできるスマートフォンもありますし、もっと難しいスマートフォンもあります。

これらのツールをしまう収納バッグ

オックスフォード生地のトラベルハンドバッグ,車のエアポンプ用の強力なツールバッグ,車輪付きの厚いポータブルバッグ,1個

最後はこちらですね。
これらのツールを1つに締まっておくツールバッグも購入しました。

いざって時は、カバンを持ってきて、修理をするだけです。

ご参考に程度にしてくださいね