熱すぎるハブをファンで冷やしているけど真冬は止めたい!smartlifeでオートメーション化してみました

ガジェット系

以前購入しましたUSB電源型のファンですが、熱すぎるネットワーク機器を冷やしてくれるとっても良い装置。
音も静かで、同じ部屋にいても、あまり気にしていません。

こちらですね。以前の記事はこちらです

いよいよ冬がやってきます

2022年1月の外気温

2022年1月の外気温のグラフですが、だいたい冬になると外気温は、5~10度くらいの気温を行ったりきたりする日々が続きます。

流石に室内は、そこまで寒くないと思いますが、室温でも誰もいない時間は10度を切ります。

流石に寒い日までファンを回す必要は無いですよね

温度センターを購入しました

Tuya-温度および湿度センサー,wifi,湿度計,alexaとGoogle Homeの制御

こちらですね。
私が使っている「Smart Life」アプリで各家電などを操作できるスマート家電の1つですね。

その中に、温度センサーがあります。

1週間くらいで届きました

08-12 14:35 物流会社へ引き渡し済み
08-12 22:12 [Fenggang Town]仕分け施設で処理中
08-13 01:43 [Fenggang Town]仕分け施設で処理中
08-14 09:22 混載倉庫に到着
08-14 11:46 混載倉庫に到着
08-14 17:47 混載倉庫から出庫完了
08-14 17:47 [Xiaoshan District]仕分け施設で処理中
08-15 02:55 [Xiaoshan District]仕分け施設で処理中
08-15 08:23 経由国・地域に到着しました。
08-15 20:47 仕出地の物流ハブに到着済み
08-16 21:07 発送元の国・地域を出ています。
08-17 16:15 発送元の国・地域を出ました。
08-17 19:55 配送先の国・地域に到着しました。
08-18 14:43 通関 通関手続きが完了しました。
08-18 16:43 現地配送会社へ引き渡し済み
08-19 07:57 配達中 現地配送センターに到着
08-19 11:31 お届け完了 荷物の配達完了

結構早く届きましたよ。

温度センサーを開封していきます

こちらですね。

電池は単四電池2本で動きます。
充電池のエネループでも動きました。

Smartlifeに登録します

比較的この手の機器は簡単に登録出来ます。

あとはハブの近くに設置するだけです

あとは自動的に湿度と温度が記録されていきます。
温度関係は1時間毎に記録している感じです。

Smartlife温度湿度センサーの仕様

  • バッテリータイプ: 2 * aaa (含まれていません)
  • 静止電流: いいえ。30ua
  • 低電圧および低電圧: 2.7v
  • ワイヤレスプロトコル: zigbee 3.0
  • Zigbee動作周波数: 2.400ghz-2.484ghz
  • 動作温度:-10 ℃ 〜 + 50 ℃
  • 作業湿度: 10%-90% rh
  • アプリ: スマートライフアプリ/Tuyaアプリ
  • AlexaとGoogle Homeで動作します

自働シーンを登録します

あとはこんな風に2つのシーンを登録します。

  • 30度を超えたら、ファンをONにする
  • 25度を下回ったら、ファンをOFFにする

こんな感じで、ファンを設定してみました。
これで寒い日は、自動的にファンが止まるようになりました。


Tuya-Alexa,Google Homeと互換性のあるエアコン,リモコン用のユニバーサル湿度センサ

磁気ドアセンサーTuyazigbee,ウィンドウセンサー,ワイヤレス接続,家庭用ワイヤレスドアセンサー,磁気

Tuya-温度計および湿度センサー,スマートライフ,wifi/zigbee,温度計,Y/℉ スイッチ,Alexa,Google Home