防犯カメラシステムを自分で構築するのに必要な物

2022年10月15日XMEYE対応監視カメラ

現在防犯カメラというのはいろいろな企業が販売しております。
そして、いろいろなカメラが集まっています。

自分は元々、パナソニックのIPカメラで防犯カメラを購入したのが初めての防犯カメラです。
その後、少しずつ自分流に構築した事があったのですが、その当時でも防犯カメラと言えば1台5万円以上する物で、1台買うのがやっと…。

円高時代にAliExpressを見て興奮してしまった

執筆時は円安時代になってしまったので、あまり安いとは思えなくなってしまいました。
あの当時5万も6万も8万も出して買っていたIPカメラが、2~3千円で買えたのですね。

防犯カメラの専門家ではありませんが、そこで少し勉強した結果、いろいろな事がわかりました。
各家庭に防犯カメラを設置するなら、何が必要なのか、まとめてみたいと思います。

防犯カメラを作っている会社

今一般家庭向けに防犯カメラを作っているメーカーで有名どころとしては…。
日本・海外関係なく、有名って感じ。

  • パナソニック:日本
  • HIKVISION(ハイクビジョン):中国のメーカー
  • Reolink :中国香港
  • Amcrest

などがありますが、日本メーカーの場合、シャープや東芝などもしっかり手掛けています。
でも、そういった日本メーカーは、どちらかと言えば店舗用、業務用ばかりです。
とにかくいろいろなメーカーの、防犯カメラがあるのです。

防犯カメラを構築するにあたり必要な物

  • 防犯カメラ「本体」
  • 防犯カメラの映像を記録する「NVR」
  • ネットワークLAN用のハブなどの通信機器
  • 確認用の液晶モニター
  • LANケーブル

優先順位順に上から順番に必要です。
防犯カメラ本体はもちろんカメラが無いと、映せません。また、カメラ本体にも記録する機能がある物がありますが、ぶっちゃけ防犯カメラは、ドロボウさんが引っこ抜いて、もって帰ろうとすれば出来てしまいます。

NVR

Hiseeu-監視カメラシステムキット,h.265 h.265 HEVC 8ch 16ch 32ch CCTVnvr 4k 8mp 5mp 4mp 3mp 2mp,ネットワークビデオレコーダー

IPカメラの特徴としては、NVR(ネットワークビデオレコーダー)を使い、どこかで一括録画をする。録画データを分析・通報する機能がついたNVRが求められます。

赤外線付きだと🌔夜も安心

赤外線付きのカメラだと夜も安心して撮影することができるのです。

見てください。違いがわかりますか?

赤外線のLEDライトは、大きいのが3つくらいが長持ちだと思います。

実は小さい赤外線LEDライトがたくさんの物は、寿命が短く、2~3年で1玉ずつ消えていきます。

どちらにしても、赤外線防犯カメラの赤外線は、寿命が早いので、防犯カメラもある程度消耗品です。気をつけてください。

よるの場合赤外線は、人の目にも赤いライトで見えます。そうなるとドロボウさんにも、気が付きやすいので、設置場所にも注意ください。棒などで叩かれて、向きを変えられる可能性もあります。

POE規格に対応した防犯カメラの方が設置が楽

POE規格対応のカメラをかうことで、LANケーブルから電源を確保することができるのです。

一般に販売されているLANケーブルだけを通せば、防犯カメラを設置・電源も通す事が出来ます。
通常のネットワークハブでは、電源を出力しません。そのために、POE出力に対応したハブなども必要になってきます。

複数のメーカーで混在しても構築できるの?規格編

簡単に

防犯カメラ・IPカメラを運営するには同じ規格の物が必要です

いろいろなメーカーの規格が混ざってもちゃんと動く事ができるようになるのが、ONVIF(オンビフ)と言う規格で、ONVIF対応の防犯カメラであれば、それなりにメーカー問わず防犯カメラを撮影・記録することが出来ます。

私はXMeye規格の防犯カメラで構築してしまいました

XMeye規格のNVRを買っても、ONVIF(オンビフ)対応カメラで録画が出来ます。

なぜXMeye規格で統一したのか

日本のAmazonやAliExpressで防犯カメラを検索すると、膨大なメーカーが、XMeye社の規格に合わせた防犯カメラを構築しており、膨大な種類になっています。

XMeyeでできる事

XMeyeのNVRを準備すれば

  1. モーションセンサーによる記録・通報ができる
    移動する範囲を限定させ、エリアを指定することも出来ます
  2. 顔検出による記録・通報ができる
  3. カメラの映像断線による記録・通報ができる

まぁまぁ防犯カメラの基本の機能はもちろんあるのですが、NVRを見てください。

カメラにしても、NVRにしても、基盤売りをしているのですね。
自作パソコンが大好きな人には、自分で自分のカメラやNVRを構築することができるのが、XMeye規格なのです

ここからは「XMeye」に合わせた内容で執筆していきます。

防犯カメラを買う時の注意点

防犯カメラには3つのポイントがあります。

画角

  • 3.6mmフォーカスのレンズが基本です

2.4mm以下のフォーカスレンズで買うと、広い範囲を1台のカメラで抑える事が出来ますが、実際問題よるになると赤外線の範囲が限られている為、3.6mmくらいがちょうど良いです。

画質

  • HD画質 3MP
  • フルHD画質 5MP
  • 4K画質 8MP

画質が大きくなるほどきれいな画像・動画で撮影が出来ます。きれいな動画の方が、車のナンバープレートも確認できるレベルになりますので、高画質ほどよいのですが、値段が上がっていきます

POE対応

LANケーブル1本で撮影するには、POE対応のカメラが必要です。
そうで無いと、LANケーブルと合わせて、電源ケーブルも延長して配線をする必要が出てきます。

そういった点が見やすく書いやすいのが、XMeyeだったこともあります。

POEを使った裏技

POE配線をする場合、ハブから遠い所に2つのカメラを設置する場合、LANケーブルを2本引っ張る必要がありますが、こちらですね。

POEスプリッターコンバーターがあります。

Escam-1ペアrj45スプリッターコンバイナーupoeケーブル、2つのpoeカメラは1つのネットケーブルを使用poeアダプターケーブルコネクターパッシブ電源ケーブル

ハブの出口に2本のLANケーブルを1本にまとめます。
屋外を通し、カメラの設置近くにて、スプリッターで分岐すると、2本のカメラLANケーブルになります。

スマートフォンでカメラの確認

スマートフォンを使うことで、XMeyeアプリ経由で、現在のカメラの様子や、録画したデータを確認することが出来ます。
もちろんマイク内蔵カメラの場合、現地の様子も確認が出来ます。カメラにスピーカーがついていると、会話も出来ます。

このカメラは動態検知の時だけ、記録するようにしてあります。
検知した時間がわかりやすいので、スマートフォンで簡単に再生が出来ます。

24時間録画しっぱなしで、動態検知をした所だけ印が残るので確認することが出来ます。
24時間録画しっぱなしで、顔検知をした所だけ印が残るので確認することが出来ます。
指定時間だけ録画、動態検知をした時だけ録画も出来ます。
カメラごとに設定が出来ます。

モニターを遠隔・分岐する

NVRから、HDMI接続をすることが出来るので、モニターでリアルタイムに防犯カメラの映像を確認することが出来ます。

しかし、別の部屋で見たい時、HDMIケーブルは、最長が5mくらいなので、10mでは見ることが出来ません。そういう対策をしてあるHDMIケーブルが必要なのですね。

別の記事にも書きましたが「MiraBox」と言うのを使っています。HDMI信号をLANケーブルに乗せる事が出来るので、他の部屋にもLANケーブルを引っ張る事で延長することが出来ます。

まとめ

こんな感じで、XMeyeは癖のある機能ですが、使い方をマスターできると、自分にあった録画スタイルを設定することが出来ます。
また、スマートフォンからの外部でのアクセスも出来ます。

XMeye社は、カメラとNVRを買えば、ここまで無料で提供しています。
XMeye規格のNVRで、ONVIF(オンビフ)規格の他社のカメラでも同様のことが出来ますが、検知時の録画は無理かもです。

簡単に言えば、NVRはXMeye社が慣れれば安くて便利。
XMeye社規格のカメラは膨大なメーカーが作っているので、自分にあったカメラを探しやすいのが利点です。

私はのおすすめ

通常の防犯カメラは「Hiseeu」製品。赤外線は大きいのが3つあるのが利点です。


Hiseeu-屋外防水IP66 cctv,3mpオーディオおよびビデオ監視カメラ,poe h.265,防水IP66,p2p,poe nvr用

Misecu-PoE HD 5mp/3mpを備えたIP監視カメラ,オーディオマイクとホームセキュリティを備えたセキュリティデバイス,金属メールp2p

広角の防犯カメラを使う時は、こういうドーム型の方が良いです。

防犯カメラ特集