*

Google HomeやAmazon Echoでも使える!スマートソケット

公開日: : 最終更新日:2017/12/14 ガジェット系

近年GoogleやAmazonから発売されているスマートスピーカーと呼ばれる、音声だけで色々やり取りが出来るツールが注目されています。

その中で声でテレビをつけたり、蛍光灯などのLEDの電気の入り切りが出来る点が注文されていたり…。

 

スマートソケット

中でも一番気軽に出来るのが、スマートソケットとなっており、スマートフォンからでも、スマートスピーカーからでも、電気の入り切りができます。

 

Amazonでは結構中国製のものが気軽に購入出来るようになっており、いろいろなメーカーやショップの機器がありますが、だいたいTuya製のものが流れてきているようです。

1個2000円くらいで買えちゃいます。

 

Tuya製のスマートソケット

3Pプラグになっており、このスイッチがTuya製の特徴でもありますね。

Tuya製の場合、2つのアプリで操作ができますので、Tuya製のソケットを購入したほうが楽かもしれません。

 

また、3Pプラグなので、変換ソケットも必要です。

こちらもピンからキリまでですけど…。

 

100円ショップの延長コードを使うのもありかも?

 

Tuya製スマートソケットのセットアップ

アプリはGoogle PlayやAppStoreでもダウンロードが出来る、Smart Lifeがおすすめです。
どうしてもユーザー登録が必要であり、メールではなく、SNSによる認証が必要なので、SNSが使えるスマートフォンが必要です。

 

  1. 無線LANは5Ghz帯が使えないので、2.4Ghz帯にてセットアップします。
  2. Smart Lifeをインストールしたスマートフォンが、2.4Ghz帯の無線LANにつながっているか確認してください。同じSSIDを利用します。
  3. デバイスの追加から、ソケットをチョイスします。
  4. 30~60秒くらい検索した所で、パスワードが聞かれますので、無線LANのパスワードを教えます。
  5. そのまま放置するだけでセットアップ完了です。

なれると結構簡単です。

 

じゃんじゃん追加していくと、こんな感じです。

ここまで行けば、スマートフォンから、ON・OFFができます。

無線LANのため、無線LANが届かない所や不安定な所は、通信が不安定になる可能性がありますのでご注意ください。

 

Google Homeとの連携

Googleのホームアプリから、スマートホーム→デバイスの追加でOKです。

あとは、Smart Lifeと連携すると、登録済みのタップが出てきます。

 

コマンドも…。

「テレビを切って」「テレビを入れて」と登録したデバイス名で入れて・切ってで通じます。
結構簡単です。

 

AmazonのAlexaとの連携

ここが厄介!!

まだAlexaのスキルに、Smart Lifeはあるのですが、日本語に未対応なのです。
Alexaを英語モードにすると、使えます。

でも、普段の会話も皆英語になります。

そこでiftttを使います。

 

  1. NEW Appletから+Thisをクリック
  2. AmazonのAlexaを探します。
  3. 「Say a specific phrase」をクリック
  4. コマンドをするフレーズを決めます。
    実は日本語に未対応!でも、カタカナは入れられます。カタカナでも、「ー」などは無理。普段日本語で喋るセリフでカタカナ表記の言語が使えます。
    例をあげますと…。ライト、テレビ、ストップなど
    漢字などに対応し、フレーズは日本語でもOKになりました。
  5. 今回はフレーズを「ライト」にしてあります。
  6. 動作の方は「Smart Life」を読み出し、登録時の情報でログインします。
  7. 登録済みのタップが出てきますので、ON/OFFを選択できます。

Alexaのときは、「ライト」までフレーズに登録したら、「ライトをトリガー」とコマンドをいうことで、指定したコマンドが実行されます。

「ライトをトリガー」でライトをON

「ライトをストップ」でライトがOFF

ということができました。

 

まだ日本語に未対応なので、だましだましの使い方でした。

 

 

関連記事

Windowsに指紋認証を取り付けよう!格安指紋リーダー買ってみました

スマートフォンではすっかり当たり前になりました、指紋認証。 iPhoneはいよいよ指紋認証から

記事を読む

Yi 4K を買いましたので開封レビュー

最近中国系の通販サイトで、あれこれ小さい小物を買っているのですが、このサイトも、今後ガジェット系も取

記事を読む

そこまで安くないけど回転台・ターンテーブル

動画を作っている人の中で、商品レビューをしている人は、やっぱりくるりと回らせて、商品を紹介したいです

記事を読む

Yi アクションカメラ用のジンバルを購入!

中国のカメラメーカー「Yi」のアクションカメラを購入し、それなりに楽しく使っています。 htt

記事を読む

GoProやアクションカメラのアクセサリーケースを輸入でゲット

GoProとかアクションカメラを色々購入されている方は、アクセサリーが増えてしまう問題、どうやってカ

記事を読む

格安ジンバル DY 3 Axis Handheld Gimbal DY-17001 を買ってみました開封編

中国系のガジェットなどの大手通販サイト、Banggoodさんから、携帯電話用のジンバルが、格安にて販

記事を読む

スマホ用のジンバルにアクションカメラを取り付けるアダプタをゲット

先日安さにつられてスマートフォン用のジンバル・スタビライザーを購入したのです。 こちらの記事で

記事を読む

Yi アクションカメラ用のジンバルを購入!

中国のカメラメーカー「Yi」のアクションカメラを購入し、それなりに楽し

Google HomeやAmazon Echoでも使える!スマートソケット

近年GoogleやAmazonから発売されているスマートスピーカーと呼

GoProやアクションカメラのアクセサリーケースを輸入でゲット

GoProとかアクションカメラを色々購入されている方は、アクセサリーが

Mate9のAndroid8.0先行テスターに応募してみました

先日日本版Mate9を持っているお客様を対象に、Mate9のAndro

スマホ用のジンバルにアクションカメラを取り付けるアダプタをゲット

先日安さにつられてスマートフォン用のジンバル・スタビライザーを購入した

→もっと見る


PAGE TOP ↑