時事

Aliexpress Standard Shippingに最速便経由を追加「JP+数字10桁」のルートを確認してみました

日本でも毎年5月のGWは大型連休になりますが、2021年の5月中国もほぼ同じ時期、労働節と言う5連休が始まります。

「JP+数字10桁」のトラッキング番号

JP0000******

この5月1日に注文した便が、今まで無いTRACKING番号を発行されましたので、はじめのうちはいい加減の番号?って思ったのです。

でも、実際にAliexpressの「CAINIAO」でも、トラッキングが動き出しましたので、届いてから、どんな企業を経由したのか確認してみることにしました。

届いた品の伝票を確認します

全部で3枚の伝票が貼ってありました。
一番下側はAliexpress Standard Shippingの伝票です。

こちですね。
日本では、佐川急便の人が持ってきてくれました。

中国→日本の輸送業者は「SinoEx」と言うことです。
SinoExのトラッキング番号は「D」から始まり、数字、最後も「D」で終るトラッキング番号です。

もう1枚伝票をめくってみました

2枚目の伝票も「SINOTORANS」ということで、同じSinoEX便のグループ企業みたいですね。
そして、2枚目の伝票のトラッキングは、「JP」+「10桁の数字」です。

注文してから12日で届きました

今回購入したのは、Tシャツなのです。

本来Aliexpress Standard Shippingの場合、この手の商品はYanwenから最後にTWのトラッキング番号が発行されるプランになるのかと思います。

推測

どういう品をSinoEx便にするのかわかりませんが、5月(厳密には2021年4月末頃)から利用することになったみたいです。

今回(2021年5月頭頃)のゴールデンウィークに注文した物は、かなり連発しました。
その後注文した品はYanwen便経由も確認。

でも、その後、また、JPトラッキングが発行されていることを確認しています。

Aliexpress Standard ShippingのSinoEx便のトラッキング

http://www.sinoair.co.jp/
SinoEx便のホームページは日本語に対応しており、トラッキングを検索することができます。
しかし、SinoExの場合、時系列では確認ができませんでした。

Aliexpressの「CAINIAO」ですと、時系列にてトラッキングを確認することができます。

今回の時系列のトラッキング

  1. 2021-05-03 13:17:08 Accepted by carrier
  2. 2021-05-03 13:47:08 Inbound in sorting center
  3. 2021-05-05 01:29:38 Outbound in sorting center
  4. 2021-05-05 10:29:34 Transit Arrival
  5. 2021-05-05 17:16:21 Transit Departure:总单号:888-
  6. 2021-05-05 19:24:26 Received in Shenzhen
  7. 2021-05-06 14:44:08 Hand over to airline
  8. 2021-05-08 03:04:30 Hangzhou – Shipped by air
  9. 2021-05-08 08:05:00 Arrive at destination
  10. 2021-05-10 22:22:00 Import Customs Clearance Success
  11. 2021-05-11 16:27:00 Airlines or trucks Arrived at destination country
  12. 2021-05-12 08:28:00 Arrived at Delivery Facility in

複数のSinoEx便を見てみた結果

比較的早く日本に届くルートが確保された事は嬉しい事です。
でも、同じ日の同じ時刻に日本に到着していたとしても、佐川急便に移管されるタイミングがずれる事があります。

さらに佐川急便の受取は、受取のサインが必要な為、ポストに投函されていたチャイナポストなどと比べると、毎回印鑑が必要な作業に少し面倒でもあります。

そのため、毎日佐川急便の人が来る事もあります。

でも、早くなったことは嬉しい事です。