たった2,000円の中華電動エアダスターは使い物になるのか?

パソコン

先日AliExpressの最大のセール「11.11セール」にて、電動エアダスターを購入してみました。日本のAmazonなどで買うと5,000円~8,000円くらいの品が多い中、たった2,000円台で購入できる電動エアダスターポチってみました。

プロモーションの案内

ただいま開催中の限定セール


欲しい物が見つかる
  1. 何か良いものが見つかる

[広告]

今回購入した電動エアダスターはこちら

圧縮空気ダスターコンピューター用プロテーブルコードレスエアブロワーコンピュータークリーニングLEDライト付きPCキーボード用パン粉車
圧縮空気ダスターコンピューター用プロテーブルコードレスエアブロワーコンピュータークリーニングLEDライト付きPCキーボード用パン粉車

こういう商品ですね。

主な仕様

パワー: 68w
モーター速度: 51000rpm
バッテリー容量:6000mah
充電時間:約3時間-5時間
使用時間:1段階目:約0.8時間
2段階目: 約0.5時間
3段階目: 約0.3時間
材料: abs pp
Decibel80db
製品サイズ: 約16×10×6.5cm
充電インターフェイス:USB-C
充電電流:5v/2a

どんな時に使い物か?!

風を出してくれるので、ゴミなどを吹き飛ばす形の物ですね。主に自作パソコンをやっている人は、ファンについたホコリなど、パーツの入替時に掃除したくなることありますよね。

あとこんな所の掃除にも!

汚れたキーボード

あと人に見せられない、キーボードの隙間とか、大変な事になっていないですか?!

風で吹き飛ばすだけですけど…。
それでもキレイなるのものです!

届くまでがすごい早かった!

11月11日の午後時頃に注文しました、受け取りは11月15日です。
4日でAliExpress商品が届くなんで、さすが、choiceマークのついた商品です。

開封します

電動エアダスターの外箱

日数がかからず、旅の疲れもほとんど感じられません。

電動エアダスターに付属のノズル

付属のノズルは5タイプ揃っています。

充電はUSB Type-Cで充電ができます。
これからも末永く使えるモデルですね。

電源の入れ方

電動エアダスタースイッチカバー

さすが国際便を考えた商品だけありまして、配送中に電源が入らないように、ボタンの所にカバーがしてあります。
スイッチを押してもすぐに電源が入らないため、説明書を読み返してみました。

ここに英語の注意書きがしてあります。日本語翻訳の方も貼り付けておきます。
しばらく使っていないときは、スイッチw3秒以上長押しすることで、送風が始まります。
1度スイッチが入れば、長押しはいりません。また、しばらくすると3秒の長押しが必要です。

電動エアダスター起動とLED

送風が始まるとLEDが点灯し、照明としても機能します。

これはすごく便利ですね。

さっそく掃除を開始

キーボードの掃除を開始

人様にあまり見せられないキーボードも掃除をしてみました。
送風を開始すると、キーボードから、色々な物が飛び出てきます。

食べかすとか…。まぁ?!食べかすとか・・?

マウスパッドの掃除を開始

飛び散った机の周辺も、同時に送風することで簡単に掃除できます

騒音も測定してみました

今回使った騒音メーターはこちらの記事でレビューしています。
Habotest HT63サウンドメーター・デシベルメーターを輸入してみた

出口側に近づけた時の騒音になります。
下記の通り、思ったよりやかましい部類になります。

1段階目94デシベル前後
2段階目105デシベル前後
3段階目110デシベル前後

騒音の目安

  • 80デシベル: 大型道路の交通騒音や掃除機の音。長時間の露出は聴覚に影響を与える可能性があります。
  • 100デシベル: 鉄道の近く、ライブコンサート、大型トラックの通過音。非常に騒がしいと感じられ、聴覚にダメージを与える可能性が高いレベルです。
  • 120デシベル: ジェットエンジンの近く、救急車のサイレン。痛みを伴うほどの大きな音で、即座に聴覚に損傷を与える可能性があります。
  • 140デシベル: 銃声や航空機のエンジンから非常に近い距離。耳を保護しないと、即座に永久的な聴覚損失を引き起こす可能性があります。

風速測定

本来は違う使い方になりますが、風速計で測ってみました。

日本でよく使われる風速計の単位ではなかったのですが、10cmくらい離しての風速は、以下の通りかなりの強風です。

小:23km/h
大:44km/h

まとめ

今回の電動エアダスターは再利用可能で経済的です。

強力な空気圧で効率的に埃を除去し、PCや電子機器の清掃に汎用性が高く、持ち運びや保管が容易なため、使い捨ての圧縮空気缶よりも優れた選択肢といえると思います。