次に買うならこの機種 2016年1月8日編

皆様新年明けましておめでとうございます。

しむふり生活も早くもこのサイトを立ち上げ、1年ちょっとが経過しております。
ドコモからMVNOのみおふぉんに乗り換え、今後は自分で端末を探さなくちゃ!と言う思いから、定期的に情報を収集しておりますが、本当にこの1年色々な端末が登場しましたね。

今使っているスマートフォンが壊れた時、何に乗り換えるか、気になる3台をピックアップし、価格を調べてみました。
 
 
第1候補:ZenFone2 Laser (ZE601KL)
ZenFone 2 Laser (ZE601KL)

やっぱりまだASUSかな?ということで1番目をピックアップしてみました。
あまりマイナー過ぎるとスマホケースが販売されていないのですよね。でも、アジア圏で取扱の多いメーカーは、それなりに日本でも手に入れることが出来ます。

色はグレーにて並行輸入品や中古品は省いてあります。
¥42,500
¥44,030
¥44,129

ぶっちゃけ。
先月と値段変わらずですね。 
みおふぉんからですと、「一括支払い 27,800円」にて購入することが出来るので、MVNO業者から購入した方が早いかもです。
→ https://www.iijmio.jp/device/asus/zenfone2.jsp
 
 
 
 
第2候補:HTC Desire 626
HTC Desire 626

やっぱりシムフリースマートフォンは、新機種の発売が続いていないので、順位は変わらずかな?と言う結果です。
LG製スマートフォンを触ってみたいと言うのもあります。

¥28,789
¥28,790
¥28,790

ASUS製スマートフォンの場合、国内モデルは国内向けにカスタマイズされており、Androidのバージョンアップに非情に時間がかかりました。
その点、LG製品は?と言う期待もあったり、

楽天モバイルユーザーは、楽天モバイルから購入することが出来ますが、3万円オーバーなので、直接購入した方が安く上がります。
→ http://mobile.rakuten.co.jp/product/desire626
 
 
 
 
第3候補:HUAWEI P8lite
HUAWEI P8lite
 
今回第3位はファーウェイ製にしてみました。
やっぱり日本のドコモ回線にフルに対応している点、ソフトバンクにも幅広く対応している点です。高速なLTE回線をどこでもその場にあった適切な周波数帯で利用出来ます。
しかし、ファーウェイ製はAndroidのバージョンが期待できない問題もあります。

¥27,410
¥27,410
¥27,410

上2機種よりお買い得というのも嬉しい所ですね。
みおふぉんから直接買うと、30,888円となりますので、直接買ったほうが安いですね。

皆様はすでに予備にこれが欲しい!ってお目当てありますか?
また、これから格安SIMに移行する方は、これってお目当てありますか?
 

Androidのバージョンアップ、端末の安定性を考えると、個人的にはまだまだASUSへの信頼は高い方です。
でも、もしココ数日で壊れてしまったら、お財布の事情もあって、2位のHTC Desire 626を選ぶかもです。

数万円の買い物、それなりに慎重になっちゃいますもんね。