オーブン焼き網の掃除大変ですよね!たった600円のシリコンベーキングマットが全て解決

2023年12月14日日用品

このブログにも、男飯レシピと言うカテゴリがありまして、過去に色々オーブンのノンフライヤー機能を使ってチキン系の調理などをいくつかしています。

オーブンレンジの説明書通りをベースに作っているため、いつもお皿の上に乗った焼き網に直接、調理したい食べ物を載せて自動でノンフライヤー・オーブンをかけています。

調理の様子

こんな風に焼き網のうえに直接載せて焼いて欲しいと書いてあるので、焼くのですが、胸肉は比較的よくても、もも肉になると、焼き網にこびりついて、掃除が結構大変なのです。

焼き網

焼き網の上にアルミなどを載せて焼くと、まぁまぁ良いのですが、偶に料理をするだけの男が、忘れちゃうんですね。
アルミを敷いて焼き上げる事をね!

プロモーションの案内

ただいま開催中の限定セール


欲しい物が見つかる
  1. 何か良いものが見つかる

[広告]

こんな便利アイテムを発見

4色の焦げ付き防止ベーキングマット
4色の焦げ付き防止ベーキングマット

こちらですね。
シリコンのイボイボのついたマットです。

そもそも焼き網を使う理由は、焼いている時に出てくる肉汁を適度に落とす為ですね。

迅速配送ってやつで配送してもらえましたので、10日で到着しました。

届いた状態

4色の焦げ付き防止ベーキングマット

今回は赤色を購入しました。
適度にイボイボがあります。

シリコンの使い方

今回は焼き網の変わりに使いますので、オーブンの黒い皿の上に、このシリコンマットを敷くのです。
摂氏マイナス40〜240度に耐えられる設計ですので、180度くらいのオーブンでも平気ですね。

調理をしてみます

味付けを開始

肉と味付け

方法は簡単ですね。もも肉にてりやきのタレを使います。
1口サイズにお肉をカットしていき、てりやきのタレに染み込ませます。

味付け

一晩も冷蔵庫においておけば完璧です。
まぁ今回は1時間くらいです。そのため、かなり多めにタレを使っています。

焼き上げ準備

調理の準備

しっかり味が染み込んだお肉を、等間隔に並べます。
もも肉やむね肉2枚でギリギリですね。

焼き上げます

焼き上げ中

全自動のオートフライヤーモードを使い、この手の煮込みチキン系のモードで焼き上げています。
20分くらいで焼き上がりです。

完成

見てくださいよ。余分なタレや肉汁は、みんなシリコンの隙間に入っています。
網焼きでやると、編みについたてりやきが、さらに熱せられてカピカピになるのですよね。

柔らかくて、てりやきがしっかり染み込んでいます

柔らかくて、てりやきがしっかり染み込んでいます

掃除を開始します

使い終わったシリコンマット

おおおおお。
これは洗うの大変そう!って感じですが、大まかに2つの洗い方があることに気が付きました。

汚れなしの鉄板

レンジの鉄板の方は油も一切落ちてこなくキレイなままでした。

洗い方その1

お湯につける。
お湯は最高でも100度ですのでね。100度でつければ、油がとれていきます。

洗い方その2

最終的には、このぼちぼち。衝撃緩衝材のプチプチと同じ要領で反対向きに押し込むと、なんと手洗いで簡単に肉汁が取れることがわかりました。

再利用も簡単なマットです

焼き網は熱で熱せられて小縁付きますが、シリコンマットは、擦りむくように汚れが落ちていくので、とてもお手入れが楽ちんです。

簡単にキレイな状態に戻す事ができました。

たった600円で便利なキッチンマットです。