大陸のハイクビジョン [HIKVISION]系のM.2のSSDを購入してみました

2023年12月16日パソコン

今や中華人民共和国とアメリカ合衆国が、覇権争いに近いことを繰り返しており、結局中国のハイテク系メーカーというのは、アメリカの技術を応用した企業が多い事から、アメリカの輸出規制の発動により、覇権争いなのか、本来の抑制なのか、一般市民にはわからない戦いが始まっています。

そんな中、アメリカの輸出規制をうけている、ハイクビジョン [HIKVISION]と言う企業があります。

プロモーションの案内

ただいま開催中の限定セール


欲しい物が見つかる
  1. 何か良いものが見つかる

[広告]

ハイクビジョン [HIKVISION]とはどんな企業

「HIKVISION」は、中国の監視カメラおよびセキュリティシステムの製造会社です。主にセキュリティカメラ、監視装置、ネットワークビデオレコーダー(NVR)、デジタルビデオレコーダー(DVR)などのセキュリティ関連製品を製造しています。HIKVISIONの製品は、ビジネス、公共施設、住宅、工業用途など、さまざまな場所で使用されており、高性能で信頼性のあるセキュリティソリューションを提供しています。また、グローバルに展開しており、多くの国や地域で製品を販売しています。

と言うことで、まさに監視大国と言うべき、装置の開発をしている企業なのですね。

今回はアメリカと中国の覇権争いはちょっと横においてください

純粋に監視カメラというのは、高度な技術と信頼性を要求される分野です。

  • 撮影する装置
  • それを記録する装置

と分かれており、この2つの部門で強いのが、ハイクビジョン [HIKVISION]です。

例えば、アメリカのHDDメーカーの大手、ウエスタンデジタルと言う企業があります。
このメーカーのパープルと言う製品は、監視カメラの映像を記録するHDDとして、24時間365日記録し続けるHDDとして、安定性と故障しない信頼性の高い製品です。

わかりますか?

監視カメラメーカーの製品は、24時間365日記録し続けるストレージにも強いと言う事です!

ハイクビジョン [HIKVISION]系のM.2のSSDを手に入れました

Hik準ssd-内蔵SSD,SATAテラバイト.5インチ,容量テラバイト
Hik準ssd-内蔵SSD,SATAテラバイト.5インチ,容量テラバイト

ハイクビジョン [HIKVISION]ブランドのM.2 SSDもあるのは事実なのですが、どうもハイクビジョン [HIKVISION]系のストレージ製品には、「HIKSEMI」ブランドのストレージ製品、ときにSSD関係では、HIKSEMIが充実していることを知りました。

今回はHIKSEMI製品を購入しています。

HIKSEMIとハイクビジョン [HIKVISION]が繋がっている事は公式サイトには書かれていないのですが、昨今のアメリカの輸出規制により、ブランドの繋がりを非公開にしている企業も多く。
恐らくハイクビジョン[HIKVISION]のグループ企業の可能性が高いメーカーです。

無事に届きました

HIKSEMIのM.2のSSD

今回は10日くらいで届く便になりましたので、比較的早く届きました。

UP TO 7450MB/Sが自慢の製品ですね

HIKSEMIのM.2のSSD

梱包もしっかりした製品です。
FUTURE PCIe 4.0 SSD 規格のSSDですね。

速度測定をしてみました

m.2をUSB経由で接続

残念ながらUSB経由のアダプタしかなくてですね。
現在パソコンのM.2ソケットも余っていなく、USB経由で速度を測定しています。

USB経由の場合7450MB/Sは絶対でないと思います。

HIKSEMIのM.2のSSD

製品としては問題がなさそうです。
キレイな状態です。

HIKSEMIのM.2のSSDをISB経由で接続

装着も簡単で、すぐに使い始めることができます。

測定結果

HIKSEMIのM.2のSSDのSMART情報

まずSmart情報の参照です。
問題なさそうですね。本当に新品みたいです。0時間って言うのも嬉しい限り。

HIKSEMI公式ストアで購入しているので安心です

HIKSEMIのM.2のSSDのUSB経由の速度

公表値まで行きませんでしたが、USB経由なので、これは妥当な結果だと思います。

今回のM.2 SSDは次のデスクトップパソコンを組み立てる為に購入しましたので、その時また実感をしてみたと思います。

パソコンメーカーとは違ったテクニックの持ったメーカーのM.2 SSDを買ってみました。