NURO光に乗り換えてみたら速度がアップしたけど2Gbpsはさらに高い壁でした

2022年8月11日パソコン

先日光ファイバーのNURO光に入りまして、最大2Gbpsのインターネット回線を手に入れました。
でも、実際2Gbpsも出るわけないです。だってモデムが最大1gbps規格の有線だからです。

しかも、申込み1年間は980円で使えて、初期工事費も3年のお約束でほぼ無料になると言う!

ただいま開催中の限定セール

Amazfit Brand Day
  1. Plus Day Global (10月1日から)
  2.  9月の特別値引クーポン (厳選商品のみ適用) (10月1日朝9時まで)
    $50のお買い物で$6の値引:9SEPT6
    $80のお買い物で$9の値引:9SEPT9
    $140のお買い物で$14の値引:9SEPT14
    $200のお買い物で$24の値引:9SEPT24
  3. スーパーセール
  4. 初めてのお客様値引きクーポンプレゼント中

NURO光の回線工事は2回行われます

NURO光を申し込みすると、すぐに工事の案内が来ます。案内と言っても、スマートフォンのSMSでメッセージが届き。第1回目、第2回目の工事希望日を選択するだけ。
ほぼスタッフさんと喋らず工事日を決めることができます。

1回目宅内工事

工事前日に工事の人から電話があります。電話に出られなかったのですが、すぐにSMSでメッセージが届き、工事の確認でした。
1回目の宅内工事の人はSo-netの人。So-netから派遣された工事業者のようです。

1回目の工事は、So-netの人なので、土日は有料となります。でも、2回目の工事は土日でも無料だそうです。

とても若い人で、こちらの最終端子と、家の外まで光ファイバーをひく工事をしてきました。
工事時間は1時間くらいです。

工事が終わると最後に、モデム&ルーターを設置してくれます。
そこまでやってくれます。

2回目屋外工事

2回目はNTTから派遣された業者の人がやってきます。NTTの人が一切お家に上がってきません。

第1回目で設置していった屋外にあるこちらの端末から、電柱まで光ファイバーを通して工事完了です。
1時間くらいで終わりました。

提供されたモデムは「ZTE ZXHN F660P」

今回提供されたモデムの「ZXHNF660P」は、比較的新しいモデムです。

ログインする時は、192.168.1.1にアクセスし、「admin」初期パスワードは端末のラベルに貼られている「Wi-Fi」のWEPキー(暗号化キー)と同じです。

ZTE ZXHNF660Pの仕様

型番ZXHN F660P
外観寸法215 mm × 230 mm × 40 mm
(D×H×W、底板なし)
電源アダプタ定格電流: 2 A
定格電圧: 12 V DC
動作温度0 °C ~ 40 °C
動作湿度5% ~ 95%
GPON インターフェースITU-T G.984 規格に準拠した UPC / SC をサポート
Ethernet インターフェースIEEE 802.3、IEEE802.3u、IEEE802.3ab
100/1000 Mbps×4ポート
(うち1つはNURO光でんわ用)
無線インターフェース2.4 GHz および 5 GHz 周波数
IEEE 802.11a
IEEE 802.11b
IEEE 802.11g
IEEE802.11n
IEEE802.11ac
IEEE802.11ax
Wi-Fi最大通信速度未公開
ZXHNF660Pの仕様

よくNURO光の事を書いているブログを見ると、ZXHNF660Pは当たり!と書かれていますが、理由は簡単です。
NUROのモデムは最大2Gbpsと言う高速通信をうたっていますが、実際は、1Gbpsの有線LANポートを搭載しているのです。

NURO側のウリからできることを言えば、モデムに2台のPCをつなげて、2台同時にダウンロード。
もし、2台ともMAXの1Gbpsの速度でダウンロードできれば、モデムからインターネット側の通信速度は2Gbpsが出ると言うことを意味します。

今回当たりと言いたいのは、「Wi-Fiの最大速度」がIEEE802.11ax(Wi-Fi 6)に対応したモデムなので、速度は最大1.1Gbps〜9.6Gbpsまで通信ができる事を意味します。

だから1台あたり2Gbpsまで速度が出るかもしれないから「あたり」と言うことらしいです。

でも、冷静に考えてみて下さい。

メーカー側、説明書には一切IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)の最大速度を公開していません。
これは日本の行政からの指針による物かもしれません。

例えばこちらのTP-LINK製のルーターですが、IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)に対応しているけど、5GHz側は最大1201Mbpsということで、1.2Gbpsクラスの速度であることを表示しています。

NUROのZXHNF660Pでは、IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)に対応している事を公表しているけど、最大速度は公開していないのですよね。
だから当たりなのかは、自分は不明だと思います。

無事に開通しました

NURO光の回線工事が終わると、光ファイバーで通信ができます。
早速モデムと接続し、電源をいれてみました。

1Gbpsの有線ケーブルで繋いだPCからspeedtestサイトにて速度を測定してみました。

フレッツ光・v6プラスの速度

NURO光の速度

NURO光になって、1Gbpsの有線ケーブルギリギリ出ていますね。
さすがNURO光でもあります。

NURO光が採用しているGPONと言う規格は、本来最大2.5Gbpsの速度で通信ができる規格だそうです。
でも、NURO光はあえて2Gbpsと言うキャッチコピーで営業をしています。

本来は2.5gbpsまで上がる可能性もあるのが、GPONだそうなので、1Gbpsの有線ケーブルがもったいないくらいですね。

ちなみにWi-Fi6のWi-Fi経由でスピードテストをしてみましたが、有線の方が早かったです。

NUROの持っているサービスの凄さはたしかに感じられるサービスでした

ZTE ZXHN F660Pの不安定性とNUROのサポートの不安さ

有線LANのポートには

  • LAN1
  • LAN2
  • LAN3
  • TA

と4ポートあります。
TAは電話用だと言うのはわかるのです。

2Gbpsの回線を有効に使う為に確認した動作にて問題発生

LAN1、LAN2に主軸のパソコン。
LAN3にネットワークHDDなどプリンターなどをハブを経由して接続してみたのです。

本来この手のモデム・ルーターの複数のLANポートは、純粋なハブとして動作するはずなのですが…。

LAN1→LAN2

LAN1→LAN3

と言うLAN内の通信が出来ないことがわかりました。
pingは通るけど、何故かつながらい?!

これが不都合なのか、そういう仕様なのかわかりませんので、まずはNURO光のサポートに問い合わせたのえす

NURO光のサポート

早速サポートへメールで問い合わせみました。

  1. その日のうちに返事がありましたが、担当部署に確認する為しばらくお待ち下さい。

と言う内容でした。

問い合わせをして10日経過していますが、未だに返事はありません。

最終的には担当部署からpingが通るなら、あなた側の環境がみたいな回答でした。と言われました。私が聞きたいのは明確なモデムのLAN間の仕様です。

まとめ

NURO光に切り替えて概ね満足しています。
NURO光のスペックは良い物だと思いますが、なかなかそれを楽しめるモデムが無いのはもったいないですね。

そう考えると少しダサいけど当たり前のような存在のNTTのフレッツ光のモデムが故障一つなし。ちゃんと動く当たり前さが、元お役所企業と民間企業のサービスの違い何だなと思う面もあります。

最後までお読み頂いた方に

お友達紹介クーポンというのがNURO光から発行されています。
もし、NURO光に加入されるのであれば、当方のお友達コードをお使い下さい。紹介する人、紹介される人の双方に5,000円キャッシュバックだそうです。

お友達紹介クーポンの詳細はこちら
https://www.nuro.jp/hikari/friend_coupon/

ご紹介用クーポンコード
KLJ2369

お友達紹介クーポン専用お申し込みURL
https://www.nuro.jp/hikari/intro26

最大10名様までだそうです。

この記事は下記の記事に続いています

チームNURO