NURO光の有線LANにインテルI225-V3チップ搭載LANカードを繋いでみました!余裕で飛び越える2Gbpsの世界

2022年9月10日パソコン

NURO光の記事続編です。
初めてこの記事を見てNURO光の事を知りたい人はNURO光の関連記事はこちらを見直し下さい

ただいま開催中の限定セール

Amazfit Brand Day
  1. Plus Day Global (10月1日から)
  2.  9月の特別値引クーポン (厳選商品のみ適用) (10月1日朝9時まで)
    $50のお買い物で$6の値引:9SEPT6
    $80のお買い物で$9の値引:9SEPT9
    $140のお買い物で$14の値引:9SEPT14
    $200のお買い物で$24の値引:9SEPT24
  3. スーパーセール
  4. 初めてのお客様値引きクーポンプレゼント中

以前の軽い流れのまとめ

  • SONY製「NSD-G1000T」のモデムに交換してもらいました
  • プラネックスのハブ「FX2G-05EM」を噛ませる事で、モデムの2.5Gbps端子と1Gbpsを繋いでも、安定するようになりました
  • LANカードを「Realtek RTL8125B」チップ搭載の物に公開

この結果SPEED TESTの速度測定結果では

  • 測定サイトは「Speedtest」の「IPA CyberLab」サーバーです
  • Google chrome ダウンロード2Gbps アップロード500Mbps
  • Microsoft Edgeはダウンロード2Gbps アップロード1Gbps

を記録しました

何故かchromeでは、アップロードが上がらない始末。

インテルI225-V3チップ搭載LANカードで試してみたい

今回2.5GbpsのLANカードの場合

  • Realtek RTL8125B
  • インテルI225-V

こちらの2つのチップ搭載したLANが主流だと思います。
でも、インテルI225-Vチップは販売当初、少ないパケットの通信が出来ない問題があって、ものすごく不安定?!不評のコメントばかり。

日本語で検索しても、インテルI225-Vの初期バージョンがマザーボードに搭載されており、不安定な状態に文句を言っているコメントが多く見受けられ。
その後、ドライバで直ったとのコメントが見受けられないのですね。

その間にインテルI225-Vから「Realtek RTL8125B」チップ搭載のLANが、主流になってしまったみたいです。

バージョン3で最新ドライバなら

Intel i225チップ,100/1000m/2500m rj45,Cupe pci Express,2.5g,ギガビット,ネットワークカード

こちらですね。
大きめのヒートシンクもついていて、実は前回のNURO光記事で購入した

Realtek RTL8125Bチップ搭載LANカードですが、パイロットランプが点灯しない不良があってですね。
ちょっと交換したい気持ちが高ぶっていたのです。

ポチって受け取るまで

08-09 14:39 物流会社へ引き渡し済み
08-09 21:16 [Songgang Subdistrict]仕分け施設で手続き中
08-10 09:58 [Songgang Subdistrict]仕分け施設で問題処理中
08-10 14:39 [Songgang Subdistrict]仕分け施設で手続き中
08-13 13:50 仕出地の物流ハブに到着済み
08-15 09:30 Leaving from departure country/region
08-16 09:30 Left from departure country/region
08-16 15:30 Arrived at destination country/region
08-17 12:03 通関手続き開始
08-17 12:03 通関 通関完了
08-17 12:41 配達中 現地配送会社へ引き渡し済み
08-18 10:44 お届け完了 荷物の配達完了

10日くらいで受け取っています。
本当AliExpressも早くなりました。

インテルI225-V3チップの事前準備

今回Windows11で試していますが、自働インストールには対応しておりませんでしたので、下記サイトにてダウンロードしています。

インテル イーサネット・コントローラー I225-V(最新ドライバーとソフトウェア)
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/sku/184676/intel-ethernet-controller-i225v/downloads.html

今回は事前にインストールしないで、LANカードを交換しています。

届いた状態

きれいでシンプルな箱に入っていました。

  • LANカード
  • Low Profile(ロープロファイル) 用カバー
  • マニュアル

と言う感じです。

インストール開始

ドライバをインストールしないで、パソコンに繋いだ所。
ご覧の通りドライバエラーが出ています。

ドライバをインストールします

インテル イーサネット・コントローラー I225-V(最新ドライバーとソフトウェア)
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/sku/184676/intel-ethernet-controller-i225v/downloads.html

こちらからダウンロードした最新版のドライバをインストールします。
「Wired_driver_**.exe」と言うファイルを実行します。

無事に認識し、IPアドレスも、DHCPであれば繋いだ瞬間にIPアドレスを取得しています。

速読測定

数回ダウンロードした結果です。

Google chromeは、ダウンロードもアップロードも上がりましたが、アップロードは100Mbpsくらい早くなったくらい。
Microsoft Edgeの場合は、ダウンロードが少し下がって、アップロードは回線の上限に到達している感じです。

「Realtek RTL8125B」と「インテルI225-V3」の違い

ブラウザにも微妙な味付けの違いがあるみたいです。
専用ツールで計測

NURO光の岐阜県エリアはピーク時間でも余裕の安心感

NURO光・岐阜県の場合ですが、IPv6とAmazonのAWSサーバーとの通信で少し楽が発生していますが、深夜でも問題なくです。
深夜ピーク時間と言われる時のNURO光を、Windowsの専用アプリで測定してみました。

アップロードもダウンロードも問題無しです。「インテルI225-V3」チップ搭載のLANカードも良い働きをしています。

Windows11と「インテルI225-V3」の問題点が気になる

しかし、Windows11を使っていると、不可思議な問題に直面しています。

Windows10から始まった高速ブート!

通常の再起動、スリープでは問題が無いのですが、高速ブートで電源のOFF・ONをすると、タイミングの問題なのか…。

ネットワークが未接続となってしまうのです。
DHCPでも、固定IPでも無理です。

毎回ではなく。2~3回に1度は発生しています。

この問題点は、外部からPCを起動させて、リモートネットワークでどうしてもやりたい事があると、外部と繋がらない問題に直面します。

解決方法

起動後、ネットワークアダプタを一旦無効にして、有効にすると繋がります。

おそらくですが、インテルのドライバが修正・更新される直ると思います。
対応するまで、Windowsの高速ブートはOFFにした方が良さそうです。

結局RTL8125bチップ搭載のLANカードに戻してしまいました

Iocrest 2.5gbase-tギガビットネットワークアダプター,1ポート2500mbps cie 2.5g,イーサネットカードrj45 lanコントローラーカード,rtl8125bチップ

結局インテルのチップ入LANカードを買った「IOCREST Official Store」から、rtl8125bチップ搭載のLANカードを再度購入しました。

WindowsアプリのSPEEDTESTで測定した結果、問題無い数値となっております。

チームNURO


Intel i225チップ,100/1000m/2500m rj45,Cupe pci Express,2.5g,ギガビット,ネットワークカード

チップセットintel82574l,expi9301ct,9301ct,ギガビットイーサネット,pcie x1,デスクトップ,nic,10/100/1000mbps,新品

クワッドhdmiビデオキャプチャカードpci-e x4インターフェイスのマルチチャンネルライブストリーミング