OnePlusでおなじみの100WのSupervooc高速充電は実際何Wで充電出来るのか色々試してみた

2023年3月4日スマホライフ

昨今中華系スマートフォンメーカーの高速充電、どんどん早くなるばかりですが、実際何Wで充電が出来るのか、色々確認してみました。

プロモーションの案内

ただいま開催中の限定セール


春のお出かけセール
  1. 春のお出かけセール 4月15日開催
    29ドル以上で3ドルン値引き:OUTDOOR3
    69ドル以上で8ドルン値引き:OUTDOOR8
    169ドル以上で20ドルン値引き:OUTDOOR20
    239ドル以上で30ドルン値引き:OUTDOOR30
    369ドル以上で50ドルン値引き:OUTDOOR50
  2. 何か良いものが見つかる

[広告]

Supervooc100W規格の充電器

100Vエリアの日本では100Wではなく。80Wになってしまうと言う話題の充電器ですね。

100V-130Vエリア

  • 5V=2A
  • 5-11V=7.3A

200-240Vエリア

  • 5V=2A
  • 5~11V=9.1A

と言う表記になっております。

残量20%台の充電速度

67Wと言う結果になりました。
9Vで動作しており、高速充電モードに変わった事がわかりますね。

このとき入力側は、1.3Aなので130VAとなります。
130VA×0.8=有効電力104W
64W÷104W=約65%
昨今パソコンの電源効率80%と言う品が話題にある通りACアダプタの効率がわかりますね。

玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 600W ATX電源 KRPW-L5-600W/80+

玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 600W ATX電源 KRPW-L5-600W/80+

8,580円(04/22 23:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

汎用のOnePlusの赤い充電ケーブルに切り替えた所

結果は26wです

Supervooc高速充電はUSBケーブルを見ている事が明らかになりました。

一瞬80Wを超えたのですが、すぐにW数が下がっていきます。

確認ポイント

汎用のケーブルというのはメーカー純正ではなく、OnePlus対応150w対応充電ケーブルという、非正規品です。

OnePlus upervooc 100Wデュアルポートスーパーフラッシュ充電器

Vcbauach-デュアルデバイスおよび電源アダプターを備えたUSBType-C充電器,11/100W,EU/UKコネクター,オリジナル

中国語では「 一加 SUPERVOOC 100W 双口超级闪充充电器」と書くそうですが、話題の100Vエリアでも、100Wが動くとあちこちの記事にかかれていたデュアル ポート スーパー フラッシュ充電器を使ってみます。

ちなみに↑のリンク先のセラーから購入しました。
品薄により届くまで1ヶ月かかりましたが、今は在庫があると思います。

同梱品

充電器と、タイプC同士のUSBケーブルが入っていました。
そうです。付属のUSBケーブルは、タイプC-タイプCなので、1つ目の純正のACアダプタにはつかえません。

スペックの確認

USBタイプC側

  • 5V-3A
  • 11V-9.1A
  • 20v-5A

USBタイプA側

  • 5V-3A
  • 9V-3A
  • 11V-9.1A
  • 12V-2.5A

表記が違う為、純正の1口充電器と違いますが、この子は、
タイプCでは20Vまで上がる事で100Wを出力
タイプAでは、11Vで動作することで、100Wまで出力
出来る性能のようです。

2個同時に使うと100Wは動きませんが、タイプCでもタイプAでも100Wいけるそうです。
2つ同時に充電すると

タイプAは50Wまで、タイプCは45Wまでとなります。
タイプCのほうがPD規格に準じているみたいです。

デュアルポートスーパーフラッシュ充電器 残量20%台の充電速度

タイプA側の純正ケーブルで高速充電

タイプAケーブルは、スマートフォンのOnePlus11に付属のケーブルを使い、タイプAでの測定結果です。

結果は70wです。これでは純正の住電と変わりません。残量20%台では、100Wまで到達することはありませんでした。

137VA×0.8=有効電力109W
71W÷109W=約65%
電源効率から見ると、現実っぽいですね。

タイプA側に汎用ケーブルを使ってみた所

結果は25wとなりました。

やっぱり純正ケーブル以外では、残念ながら30W以下に落ちてしまうみたいです。

タイプC側の純正ケーブルで高速充電

デュアルポートスーパーフラッシュ充電器付属のタイプCータイプC充電ケーブルで充電をしてみました。
※付属のFNB58では、純正のケーブルが2本必要になりますので、100Vの入力側からの測定判断です。

結果は70wくらいです。

入力側の100Vのアンペア数とバッテリー管理アプリ「AccuBattery Pro」に表示されているW数では、70Wくらいとなっております。
結局100Wは無理っぽい。

タイプC側の汎用ケーブルで高速充電

残念ながら同様の挙動をとってしまい、汎用ケーブルでは、結果は20W台となってしまいました。

OPPO 80W カーチャージャー

Oppo-オリジナルのスーパーvooc充電器80w,USB-A,80w max USB-C 30w,Oppo用,x5 pro,reno 9 pro

今度はOnePlusブランドを離れて、OPPOブランドのSupervoocで80W対応のカー充電器とOnePlus11で確認してみました。

こちらもタイプCとタイプAの2口充電器となっております。

OPPO 80W カーチャージャーのスペック

USBタイプC側 最大30W

  • 5V-3A
  • 9V-3A
  • 12V-2.5A
  • 15v-2A
  • 3.3~11V=3A

USBタイプA側 最大80W

  • 5V-3A
  • 5V-6A
  • 9V-2A
  • 11V-7.3A

となっており、OnePlusの純正充電器とまた違った電圧・アンペアとなっております。
また、最大80Wで動かすには、タイプA側で充電する必要があります。

USBタイプA側で充電してみました

USBメーターで測定することを忘れており、アプリでの結果となりますが、結果は60Wと言うことです。

最大80Wの2割くらいダウンで充電が出来る事が判明しました。

さらに驚く事に!

OPPOブランドのカーチャージャーの場合、汎用・純正ではなくOnePlusの充電ケーブルでも、同様の60Wレベルの充電ができました。

OnePlus Supervooc高速充電のまとめ

OnePlusの場合、OnePlus純正充電器の本来の性能を発揮させるには、OnePlusの純正USBケーブルが必要だと言う事がわかりました。

オリジナルのonePlussupervooc-a to-c-type-c-cケーブル,100cm,iphone plus 8t 9 9 pro 10 pro 10r用,2 lite 2t

ちなみに汎用は1本200~500円くらいで手に入るのに対し、純正は2,000円と10倍の価格差があります。
また、OPPOブランドの Supervooc高速充電器であれば、また結果が異なる可能性もありますね。

最後のあがきとして!

残り5%まで減らしてみました。

100Wデュアルポートスーパーフラッシュ充電器のタイプA側にて純正ケーブルを使い充電しました。

5~100%まで充電をしてみましたが、ご覧の通り

  • 8.7V→9.2V
  • 7A→1.4A

Supervoocの端末であると認識すると一気に電圧が8V台、アンペアは7Aを超えるときがありますが、充電の割合に合わせて、電圧は上がり、アンペアは下がる傾向にある事がわかりました。ちなみに5%台の充電は60Wくらいです。

さらに矢印でカックンと下がっている所がありますが、これはスマートフォンのモニターをつけた瞬間です。充電中はスマートフォンを触らないで充電したほうが、確実に早い事がわかりました。

その結果から、100Wデュアルポートスーパーフラッシュ充電器は100Vエリアでも、100W行けるとの情報でしたが、どうも80Wが最大のように思えます。

追記データ

Amazon.com(アメリカのAmazon)で買った下記品は、無事に70Wで充電ができました。
約1mと約2mの混合セット品です。