HUAWEI Mate 9 のキャリアアグリゲーションをON iijmioで確認

近年スマートフォンにかぎらず、ドコモなどキャリアでは、より早いスピードを目指して、キャリアアグリゲーションを提供しています。
 
 
複数のLTEの帯域を同時に使うことで、早い通信を可能にする技術です。
 
日本国内では、2つのバンドを同時に使うことが出来るようで、下記バンドに対応しています。
 
 
B1+B19
B3+B19
B1+B8
B1+B3+B8
 
残念ながら我が家周辺では、まだキャリアアグリゲーションのエリアに含まれておらず、4Gのままとなっております。
  
 

 

 
Mate9のキャリアアグリゲーションをONにしてみましょう。

・設定→その他→モバイルネットワーク
 
キャリアアグリゲーション欄がありますので、ONにしますと、下のように確認メッセージが出てきます。
 
 

  
 

・キャリアアグリゲーションをONにすると不安定になることがある
 
・不安定になるのであれば、キャリアアグリゲーションをOFFにしてください。
 
・キャリアアグリゲーションのON/OFFの切り替えは端末の再起動が必要です。
 
との事です。
 
 
 
キャリアアグリゲーションをONして、しばらく移動などこの年末年始移動しておりました所、Mate9のアンテナピクトの所が…。

「4G」
 
から
 
「4G+」
 

と表示されていました。
 
 
早速速度調査です。

1.4G+と表示されている時

キャリアアグリゲーションをOFFにして

2.4Gのみ表示されている時と言う風に、逆順に測定してみました。

一度キャリアアグリゲーションをOFF→ONにすると、キャリアアグリゲーションのすぐ4G+に変わらないみたいなのです。
 
 


  
・ping キャリアグリケーションON側の方が早いです。

・ダウン キャリアグリケーションOFFの方が早かったです。
 
・アップ キャリアグリケーションONの方が早いみたいです。

まだ、何度も測定したわけではありませんし、キャリアグリケーションをONにしても、そこまで使う物では無いと言う判断で処理されていたかもですね。
 
 
キャリアアグリゲーションって、そんなに速度が上がるのでしょうかね?
MVNOだからって言うのもあるのかも?