個人輸入のスマートフォンってどんなふうに届くのか実験してみた

近年日本メーカーではなく、中国メーカーのAndroidスマートフォンがすごく頑張っていて、色々な中国メーカーのスマートフォンが日本でも手に入るようになりました。

でも、そもそも日本以外のヨーロッパやアジア圏にも幅広く展開しているため、日本の代理店以外でも購入することが出来てしまいます。

今回そんな販売網からスマートフォンを購入した場合、どんなふうに届くのか確認してみました。

日本で販売されている物と全く同じスマートフォンと輸入してみました

もちろんこれには注意点が色々あり、ある程度のブランドに関する知識やスマートフォンならではの法律的な知識はもとより、スマートフォンが故障した時、日本の代理店はサポートしてくれない。日本の買取店では売却出来ない、個人売買で売却する時は正直に説明する必要など、注意点があることをしっかりご理解ください。

今回はアメリカ様が妥協するまで、Huawei最後のGoogleサービス搭載のAndroidになるのでは?と言われている、Huawei Nova 5T・global版です。

global版なので日本語にも対応しています。

https://s.click.aliexpress.com/e/_sPYpil

中国のHuaweiオフィシャルストアで今回は買ってみました。

Huawei関係はここのセラーで買うと安心が出来ます。

届くまでの日数

  1. 2月5日に注文
  2. 2月9日4pxが集荷その日のうちにシンガポールへ
  3. 2月14日に日本に到着
  4. 2月18日配達完了

こんな感じです。
なお、1万6千円オーバーの品を購入していますが、届いた時に消費税を払う・請求されることはありませんでした。

届いたスマートフォンを開封してみました

頑丈なエアーキャップに包まれていました。
箱はもともとスマートフォンの箱なので、頑丈に作られており、橋・角がボコっていることもありません。

さすがエアーキャップですね。

Huawei Nova 5T いい感じです。

Huawei Nova 5T の箱を開封してみました

  1. 本体(Huawei Nova 5T)
  2. イヤフォン(USBタイプ)
  3. USBケーブル
  4. ACアダプタ
  5. スマートフォンケース
  6. 説明書
  7. 保証書

日本で買うのとなに1つ変わらないラインナップって感じです。

でも注意点もあります

という中身です。

今回万が一スマートフォンが壊れたら販売先に相談すれば、ある程度対応をしてくれるかもしれません。
でも、発送先は中国の修理センターだったり、おくったりおくりり返してもらうやり取りが、最低英語だったり。

さらに送料が負担する必要があるなど、購入時安く購入できる以外、サポートは当てにならない感じですね。

ACアダプタは日本向けが入っていました。
箱はもともと中国向けアダプタがはいるケースなのですが、そこに小さい日本向けACアダプタ。
これはセラー側の配慮ですね。

4眼カメラ搭載

グローバルモデルの場合、カメラにサイレント機能がついていて、シャッター音を消すことが出来ます。
これは日本のカメラと違う感じですね。

故障することなく無事に受け取ることが出来ました。

Huawei nova 5T だけで撮影した動画

ちなみにHuaweiは写真がいいけど、動画が少し残念っていう事なのですが、今回のNova 5Tはだいぶ改善されています。