Mate20 Proが届いたので開封するよ

以前使っていたスマートフォンはMate9で購入して、早くも2年。

本当はもう少し使えそうだったのですけど、Mate9を別のことに使う理由ができてしまったので、Mate20 Proを買うことにしました。

 

iijmioのサプライ品で購入

Mate20 Proを購入したのは11月30日。届いたのは12月5日です。
保険サービスも欲しかったので、使っているMVNO業者で買うしか無い問題もありますね。

 

さっそく開封していきます

厳重な箱をゆっくり開けていきます。
いつもここを開封する瞬間が、若干手間取りますね。

 

出てきましたMate20 Proです。すっごいすべすべしたお肌。

 

色はミッドナイトブルーかトワイライトで悩み、ケースをしちゃうし、大胆にトワイライトで購入してみました。

でも結構格好いいです。

 

付属品はこの通りです

  1. 本体
  2. USBケーブル
  3. 充電アダプタ
  4. ケース
  5. イヤフォン
  6. ガイドブック

と言う感じですね。

USBの充電アダプタの方は、最大40W出力に対応しており、10Vの4Aまで出力することができるそうです。

従来のHUAWEIの2倍ですね。

 

ガラスフィルム貼ってみました

Mate20Proのグッズをいろいろ中国から輸入してみました

こちらでもご紹介しましたガラスフィルムを貼ってみました。

ふちまでしっかりガードですね。

 

SIMカードとNMカードカードのスロット

SIMカードスロットは、スロットの挟むようにSIMカードとNMカードをセットします。
読み取り側を外側にセットして、そのまま差し込みます。

もうSIMカードすら限界までコンパクトにしましたって感じですね。

 

Mate20 Proを起動してみます

電源を長押しして起動させます。

初めての時は、立ち上がってくるまでちょっと長く感じました。

 

SIMカードから自動的に検知したみたいです。
アクセスポイントの設定をします。

 

指紋はご覧の通り画面の中央より少し下側にあります。親指もしくは人差し指だけ登録しておけばいいかな。

ガラスフィルムが貼ってありますが、今の所問題なく検知できます。

 

 

HUAWEI cloneでデータを移動します

はじめは1つ1つアプリを入れて、アプリの整理をしたかったのですけど、面倒で…。
HUAWEIのスマートフォンの移行ツールで、お引越し作業をしてみました。

写真や住所録などはGoogleのアカウントで紐づけされているので、そういう所はお引越しさせていません。

 

アプリとアプリのデータ、アプリの並び順だけを移動させてみました。

 

残念ながら一部アプリがお引越しできなかったみたいで、アプリの並び順も移行はできませんでした。

でも、1つ1つアプリをインストールする手間がなく、ほとんどのアプリはお引越し作業が完了しておりました。

 

まぁ。初期設定などをやっていたら、半日くらいは使っちゃいましたけど、Mate20 Proはいい感じです。