元祖格安タブのDragon Touch K10の10インチタブレットを買ってみました

先日どうしても10インチ級の、ちょっと大きめのタブレットが欲しくて、中国通販ではなく、日本のAmazonをいろいろ探していました。
だいぶ中国通販ではおなじみの、中華タブレットが増えていますけど、やっぱり昔から、日本で購入できたタブレットっていえば、ドラゴンタブレットですよね。

まだ、一度も触ったことが無いことや、歴史??があると判断し、1つ買ってみることにしました。

こちらのタブレットを購入です。
Amazonの倉庫に入っているので、翌日には手元に届くのは、やっぱりAmazonのすごい所ですね。

ドラゴンタブレットを開封するよ

ドラゴンタブレット

箱はシンプルでタブレットっていえばこれだよね。って感じの厚紙のような箱に入っています。

スペック

ドラゴンタブレットK10のスペックはこんな感じです。

  • OS:Android 8.1
  • モニターサイズ:10.1インチ
  • CPU: MTK8163 Quad-core Cortex-A53 64-bit up to 1.3GHz
  • ROM:16GB
  • RAM:2GB
  • 解像度:1280×800

開封していきます

同梱品
  • 本体
  • USBケーブル
  • ACアダプタ

って感じです。シンプル。

ACアダプタ

中華アダプタですが、ちゃんと日本で販売できるように、PSEマーク付きです。安心品ですね。

起動させてみます

起動画面

起動画面はシンプル。

ドラゴンタッチ!!!

Androidの設定

標準Androidが入っています。
GooglePLAYも使えますので、いろいろなアプリをインストールすることができます。

実際に使ってみた感想

思った程サクサクできます。
重たいゲームは無理ですが、Youtubeとか、ネットサーフィンも問題ありません。
動画専用マシン。タブレットブックマシンと言った!

これ!!!

って感じで、限定した使い方をすれば、全然問題無いと思います。
スマートフォンのように、あのアプリ・このアプリ!って使いこなす人には、不足するかものがあるかもです。

これが残念だよ

画面

画面の解像度が 1280×800 しか無いので窮屈。
どのサイトを見に行っても、スマートフォンサイトになってしまいます。

そのため、10インチもあるのに、縦向きの方が、ネットサーフィンは向いています。
例えば動画を見るマシンにすれば、全然普通に使えます。

お子様のYoutubeマシンとか…。
ご自身の動画閲覧マシンにピッタリかもですね。