パソコン

AMD・Ryzen5 3600を中国通販で買ったら節約できた

ここ数十年なのですが、3~5年くらいのペースで、自分の新しいパソコンを組みてていました。
でも、ここ最近はチームで動いている面もあって、2年に1度組みてていかないと、パソコンの寿命というものを迎えてしまいます。

ということで、ついに寿命を迎えたパソコンのために、2019年末新しい自作パソコンを組み立てることになりました。

2019年もCPUといえばやっぱりAMDですかね

執筆時点・自作パソコンを組みてている時点で、AMDの売れ筋CPUというのは…。

第3世代Ryzen5 3600だそうです

ということで、日本で買えば保証も受けられます。
でも、1個執筆時点では、26,000円台もするのですね。

中国通販でお世話になっている身分として、中国通販でRyzen5 3600を買ったらいくらかな?ってね

いろいろなストアを見ていて、説明も丁寧。
CPUにファンなし・ファンあり+箱付きの2種類がある。
中古も取り扱っている点から、 SZCPU Storeってお店のCPUに着目しました。

http://s.click.aliexpress.com/e/mpNne8c0
http://s.click.aliexpress.com/e/mpNne8c0

CPUファンなしにすると、↑のプラケースのまま国際郵便でおくられてくるので、少し不安になるかもしれません。
でも、実は過去に1度、intelの中古CPUを、別のストアで買ったことがあり、CPUが無事に届いたこともあり、輸送中のトラブルはそんなにきにしていませんでした。
(でも、そういう問題もあることはご理解ください)

AMDのCPUはマレーシアもしくは中国の工場です

現在AMDのは、マレーシアもしくは中国に工場をもっていて、どちらの会社も、AMDが経営難に陥った時、中国の合併して立ち上げた企業が所有することになっています。

おそらくマレーシアより中国の方が新しい工場だけど、主力はマレーシアです。

今回のセラーいわく、CPUはマレーシア・中国製どちが届くかはランダムだそうです。

11.11セールで購入

比較的早く発送していただけ、11.11の物流が混み合う前に、日本へ向けて配送開始。
ちょっと早めに手に入れることができました。

プラケースを、軽い緩衝材に包んでくれて、無事に届きました。
CPUは中国の工場側の品が届いたみたいです。

自作パソコンを作る人の喜び、最後のライセンスシールを貼る瞬間。
シール付きなのは嬉しいですね。

ピンは曲がっていません。

実際に組みててみて

CPUのブランド・周波数など、問題無し。
TDPもメーカーの告知通りです。

中国通販でCPUを買う時の最大の注意

いわゆる各種センサーの故障です。
過去に買った中古CPUは、温度センサーが故障していて、温度が異常な数値。
でも、今回のRyzen5 3600は問題なしです。

11月です。
アイドル状態で40度前後。
通常に触っている時で50度前後。
ちょっとした処理で60度前後。

問題なしですね。

実際問題お値打ちだった?

自作パソコンで、CPUのファンを、社外品を取り付ける方には、正直ファン無しの方が利点が大きいです。
これだけでも、中国通販でも、1,000円くらいお値打ちになっています。

そのため、結果として6,000円くらいお値打ちでCPUを買うことができました。

AliExpress.com Product – New AMD Ryzen 7 2700 CPU 3.2GHz 8-Core 16-Thread 65W processador Socket AM4 Desktop Packge with Sealed Box Raditor Fan AliExpress.com Product – AMD Ryzen 7 2700 R7 2700 3.2GHz Eight-Core Sinteen-Thread 16 AliExpress.com Product – AMD PROCESSOR RYZEN 7 2700X4.35 GHZ 8CORE AM4M 65W CPU Processor YD2700BBM88AF Socket AM4