パソコンに万が一のことがあった時!内蔵ストレージからデータを吸い出すキットを準備

2023年1月5日パソコン

いつの時代も形あるものは壊れるものですが、今の時代はすごく便利な時代でね。今やOneDriveやGoogleドライブのようなクラウドストレージを簡単に利用することができる時代です。

プロモーションの案内

ただいま開催中の限定セール


春のお出かけセール
  1. 春のお出かけセール 4月15日開催
    29ドル以上で3ドルン値引き:OUTDOOR3
    69ドル以上で8ドルン値引き:OUTDOOR8
    169ドル以上で20ドルン値引き:OUTDOOR20
    239ドル以上で30ドルン値引き:OUTDOOR30
    369ドル以上で50ドルン値引き:OUTDOOR50
  2. 何か良いものが見つかる

[広告]

クラウドストレージのおかげです

バックアップと言う意味だけではなく。私もいくつかのデータは、ほとんどクラウドストレージと同期して、複数のパソコン間で、データの同期にも使っています。
そうすると、複数のパソコンの中身が、いつも同じデータになるのですね。

でもいつかは壊れる可能性があるパソコン

同期しているパソコンもいつかは壊れるものでもあり、万が一同期していないフォルダ内にあったデータがほしい時、それは最終的に吸い出す必要があります。

パソコンが壊れる理由はいくつかあります。ストレージ以外の故障であれば、データの復旧は容易です。

内蔵ストレージの規格

  • M.2
  • 3.5インチS-ATA
  • 2.5インチS-ATA

今大体パソコンで使われているのは↑の順でしょうか?
そうなると、その端子経由で他のパソコンにつなぐ装置がほしいのですね。

購入するぞ

日本のAmazonではこんな機器があるのですが、本当価格がピンからキリまであります。
今回はAliExpressで以下の2機種を購入することにしました。

ハードドライブドッキングステーションusb 2.5 3.5インチsata ideデュアルスロット外部hddケースのための2.5 “3.5" ide satai/ii/iii hdd ssd

今回3.5インチ・2.5インチ用はこちらの外部電源対応のドッキングステーションを購入しました。以前S-ATAとUSBの変換ケーブルだけの物を買いましたが、HDDの場合は電源不足で動かない事があります。
最近はパソコンはSSDばかりですが、ファイルサーバー系はHDDはまだまだ現役

ブルーエンドレス-デュアルベイssdコンピューターケース,USB 3.1,pcie nvme,mキー/b & mキー,エンクロージャー,ソリッドディスクケース,ssdドッキングステーション

M.2の方はこちらですね。
M.2の場合、「M Key」と「B&M Key」の両方に対応したモデルでないと、意味が無いので、できる限り幅広く対応できるように、「B&M Key」の両方に対応したモデルをチョイスしました。

連結倉庫で無事に10日くらいで受取

3.5インチ・2.5インチドライブステーションを開封します

無事に届きました。
15日配達保証の便なので、比較的早く旅の疲れなく受け取れています。

同梱品はこちらですね。

2.5インチ用と3.5インチ用の端子があります。

3.5インチの電源は調整付き

底面にあるつまみを動かす事で、電源の接続が容易になります。

つまみを動かすと電源の所が左右に移動します。
ハードディスクの場合、媒体ごとに微妙に位置ずれがありますので、こういう調整機能は嬉しいですね。

M.2側のドライブステーションはこちら

こちらも同じ同梱品で届きました。
若干旅の疲れがありますが、小さい箱だからですかね・・。

M.2はパソコンのメインストレージなので、これが取り出す時って言うのは、本当重症な時ですね。
でも、十分これでデータの吸い出しができます。

フォーマット済みなので、ちゃんと認識し、別のドライブになります。

問題は最近充実している暗号化ですね。
暗号化してしまうと、この手の接続方法では、簡単にデータが取れなくなってしまいます。
データを守るべきなのか、いざって時の為に取り出しやすくしておくべきなのか、難しい所がありますね。

SSD,M.2,HDD

Posted by かぴばら