Yi 4K を買いましたので開封レビュー

最近中国系の通販サイトで、あれこれ小さい小物を買っているのですが、このサイトも、今後ガジェット系も取り上げてみたくなり、新カテゴリを新設です。

 

Yi 4Kをゲットしました

今回購入しましたのは、海外からの通販ではなく、日本国内のAmazonから、Yiから購入してみました。

Yiと書いて発音は、イーに近い読みだそうで、中国の人気スマホメーカー、Xiaomiのグループ企業だそうです。

特にSONYのカメラセンサーを気に入って採用されており、SONYブランドと質が近く、GOproに近い利便性を持ったアクションカメラとなっております。

 

こちらアメリカのAmazonの商品ページですが、レビューが結構高いのですよね。

アメリカでもYiブランドは、着実に広まっており、人気があります。

 

今回は日本のAmazonから…。

こちらのタイムセールの時に購入しました。

 

Yi 4Kタイムセールで買った時の失敗談

タイムセールで購入したのですが、実は初期不良品を引いてしまい…。Amazonの返品はできるけど、交換は出来ないのですよね。

返品しちゃうと、同じセール価格で購入出来なく…。

Yiのサポートに相談した所、結局クーポン価格と同じ価格で再度購入できるクーポンを発行してもらいました。

 

Yi 4Kの内容

商品の中身はこんな感じです。

  • 本体
  • バッテリー1個
  • USBケーブル

って言う感じです。

 

ちょっと初めての時は、バッテリーを抜くのが、結構手間がかかります。

また、撮影したデータを移動させるには、SDカードを毎回抜くのも、手間が掛かるので、USBケーブル経由の方が速さそうです。

 

ちょっと気になるレンズの状態はキャップでカバー

レンズは、広角にするために、ちょっと手間に飛び出ている感じがします。

撮影中に接触する事が多そうなので、レンズキャップなどもほしい所ですね。

 

そんな私はBanggoodさんで、こちらのキャップを買って使っています。
しっかり固定出来ない所が、気になりますが、今のところ問題なく使えています。

Banggood
→ Xiaomi YiのためのUV CPLレンズ保護円形偏光子フィルタII 2 4Kスポーツカメラ

 

日本語でわかりやすいです

起動をするとすぐに表示されます。

日本語なのはやっぱり嬉しい所ですね。

旅行中など、現地でいざって時、やっぱり焦ってしまいます。日本語なら、そういう焦りをちょっとカバーしてくれますからね。

 

動画はですね。

4K 30fps

2K 60fps

FHD 120fps

まで対応しています。

 

その為、少し解像度は小さくなりますが、スローモーション撮影と言う機能もあります。
よくバッドを降る時などのスーパースローモードというような撮影もできちゃいますね。

 

比較動画を作ってみました

他に持っているSONYのアクションカムとの映像の違いを動画にしてみました。

カラーの設定は、Yi色、平らなと言う設定がありますが、Yi色にしてあります。ちょっと黄色かな?SONYの方が青いかな?って感じです。