USB電源を使って電池式の家電を永遠に動かすダミー電池を使ってみました

2023年1月19日ガジェット系

昨今小さい家電は、乾電池式で動くものが当たり前でもありますが、電池がなくなるとすぐに交換しないと行けない。
意外と家電によっては、電池がなくなるのが早いものがあります。

1年に1~2度くらいなら良いのですが、1ヶ月に1度交換というのは結構苦痛です。

プロモーションの案内

ただいま開催中の限定セール


サマーセール
  1. サマーセール (6月17日16時~)
    値引きクーポンコード(6月17日16時~)
    29ドル以上で4ドル値引:SS4
    59ドル以上で8ドル値引:SS8
    89ドル以上で12ドル値引:SS12
    129ドル以上で18ドル値引:SS18
    179ドル以上で25ドル値引:SS25
    269ドル以上で40ドル値引:SS40
    499ドル以上で80ドル値引:SS80
  2. 何か良いものが見つかる

[広告]

そんな時にダミー電池の存在を知りました

一般的なダミー電池の場合は、Amazonも変わらない価格で販売されています。USB電源の場合は、基本5Vとなっており、電池は2個~4個くらいの電圧なら、機器によってカバーできるという事ですね。

2個3V、3個4.5V、4個6Vとなっておりますが、4個の場合は、昇圧機能のついたダミー電池が求められています。
昇圧機能の場合、不安定要素なので、できれば乾電池3個使う家電にダミー電池はピッタリだったりします。

ダミー電池には以下の組み合わせで入っています。

  • USBケーブル
  • USBケーブルとダミー電池がつながった本体
  • ストレート用のダミー電池

となっております。

セットは簡単です

こちらのケーブル付きの電池の向きと、設置する場を考慮しながら、ダミー電池で動かしたい家電にセットします。

こんな感じですね。
1つはUSB電源をつなぐ電池、その他の2つは電源の回線をつなぐ為だけのダミー電池

蓋をして完了です。

これで電池家電が無事に動きました。

通信機器を内蔵した家電の場合、どうしてもすぐに電池がなくなってしまうので、こういうUSB電源による電源確保をすることで、電池の残量を気にしないで使い続けることができます。

最近はテレビ・パソコン・外付けHDD・ルーターなどにもUSBがついております。
比較的電気を使わない家電から、電源を取るだけであれば、安心して電源を取って使うことができます。

とっても便利な仕組みのダミー電池なのでした。

これ防犯カメラ近くにある、電池式の火災報知器にも使える!って事で、1ヶ月も持たなくすぐに電池がなくなっちゃうので、2mのケーブルタイプを見つけ、AliExpressで注文して到着を待っています。