ガジェット系

中華工具!マキタバッテリーで動く電動インパクトレンチを輸入

私が中華ブランドの電動工具に興味を持ったのが、マキタの電動工具と中華物の電動工具を分解してレビューされている方のブログです。

中華電動工具は決してマキタのパーツを、複製して作っているわけじゃなく。
どこかで複製する起点があるにしても、マキタとは異なる設計で組み立てられ、価格で見れば十分それに似合う品以上になっている。
むしろ日本のメーカーが、同じ価格で同じものを作れと言われたら出来ないじゃないか?と言うレビューをしていました。

毎日お仕事として使っている人には、やっぱり日本のマキタ工具は最高の品の1つです。

でも、毎日も使わない時々使うDIYユーザーには高すぎるですよね。

日曜大工程度であれば、中華で問題が無いと言うところになりまして…。

こちらを購入

18v-68v電動インパクトレンチ用バッテリーなし充電式1/2ソケットレンチコードレス18vバッテリーDTW285ZOldバッテリー

私が買った時は、セールなどだったためか、3,500円くらいの送料無料だったのですが、今送料が高くなっているので、上のセラーはオススメ出来ません。

  • 無負荷速度: 0 – 4000 rpm
  • 衝突頻度: 0 – 4000 ipm
  • 最大トルク: 520N.M
  • スクエアドライブ: 1/2″

中華のDrillproって言うブランドがベース

Drillproブラシレスコードレス電動インパクトレンチ充電式1/2インチレンチ工具互換マキタ18vバッテリー

おそらくですが中国の「Drillpro」って言う工具ブランドがベースです。
このプレートがついていない物が多数中国で流通しております。

Drillproの電動工具で、18Vって書いてあれば、ちゃんとマキタバッテリーで動きます。

2週間くらいで届きました

もっと大きな箱で届くのかと思ったら、大工さんのイメージするお弁当箱くらいの大きさです。

  1. 2月5日発送
  2. 2月17日配達完了

きれいな状態でした。
持ってみると、思ったより軽いのですね。

今使っている有線の電動工具の方が重たいくらい。

1.1kgって感じですね。

装着してみました

ここでしまったな!って言うのがありまして、マキタのバッテリーが18Vが推奨されていました。14.4Vでは動くのですが、18Vのほうがトルクが出るそうです。

タイヤ交換ができれば問題が無いのですけどね。

これで安全にタイヤ交換ができそうです。
14.4Vで行くべきか、18Vを買い足すか悩み始めてきました。

モード切替がありまして、締める時は、一気に回さないで少しずつ回すみたいな機能もありました。

AliExpress.com Product – Drillpro Brushless Cordless Electric Impact Wrench Rechargeable 1/2 inch Wrench Power Tools Compatible for Makita 18V Battery AliExpress.com Product – 388vf Brushless Cordless Electric Impact Wrench 1/2inch Power Tools 15000Amh Li Battery +LED light Adapt to Makita 18V Battery AliExpress.com Product – For Makita 18V 125mm Brushless Cordless Impact Angle Grinder DIY Power Tools Electric Polishing Grinding Machine Without Battery