NVR

iSpyから格安NVR(ネットワークビデオレコーダー)へ切り替えてみました

近年ネットワークカメラの低価格化、小型化などが進んでいて、いろいろな企業が、ネットワークカメラを制作しやすくなりました。

特に中国メーカーには、防犯カメラを扱うメーカーが多く、基本的には同じ基盤+センサーを使っていることがほとんどです。

私もRevotechのIPカメラを使っていますが、本当に安定しています。時々中国メーカー特有のハズレを引くこともありましたが、あたりの品は本当にあたりです。

IPカメラの記録はiSpyっていうオープンソースの録画ソフトを使っていました

https://www.ispyconnect.com/

WindowsにiSpyをイントールすると、複数台数の監視カメラの撮影・動体検知・録画が出来ます。
中古のパソコンを使えることや、インストールしたパソコン以外のパソコン・スマートフォンから、動画のリアルタイム映像を確認することができます。
(外部からの確認は一部有料)

iSpyの問題点

パソコンをつかうことで、パソコンを24時間365日つけっぱなしにする問題、省電力パソコンだと動作が重たく、ハイスペックパソコンだと電気代が月に2,000円以上掛かる事もあります。

ネットワークカメラを録画することに特価したNVR(ネットワークビデオレコーダー)に切り替え

http://s.click.aliexpress.com/e/N07ZLFi

今回チョイスしたのは、4,000円代で購入できる、NVRです。
HDDが入っていないので、自分でHDDをチョイスする必要があります。そのかわりお値打ちに大容量のNVRを構築することもできます。

結局WD社製の、パープルを買ってみました。高温で高耐久のあるHDDだそうで、防犯カメラ向けでもあります。

注文から受け取りまで

FedExで発送してもらえたので、1週間くらいで届きました。

MISECU H.265 ミニ NVR フル Hd リアル P2P 16CH/8CH 5MP 16CH 1080 1080p ビデオレコーダーモーション検出 ONVIF ip カメラセキュリティシステム

FedExだけど、もう1つ合わせて購入していたので、箱が軽く押しつぶされて発送。外箱がボコるのはある意味デフォです。

同梱品
同梱品
  • 本体
  • マウス
  • 説明書
  • ACアダプタ

ACアダプタは、USPlugのPSEマークなしなので、別途DC 12V 2AのPSEマークをゲットすれば大丈夫です。

本体
本体

本体はめっちゃ軽い。

HDDを到着してみます

HDDの取り付け
HDDの取り付け

HDDの取り付けは本体の裏側からねじを外すとカバーがめくれます。
SATAのケーブル、電源ケーブルをHDDに挿せばOK。

端子の違いもあるのですぐにわかりやすいです。

裏面

本体の裏側には、VGA・HDMI・LANケーブル・USB2ポート、電源となっています。

電源をつなぐと起動しちゃうので、LANケーブルを指して、HDMIケーブルをパソコンのモンターなどとつなぎます。

起動はスムーズ

起動画面

電源を通すと、起動します。
これが出ると結構スムーズに立ち上がります。

初期設定をして完了です

日本語対応

日本語に対応していますので、はじめは英語のメニューを理解しながら、言語設定を探します。

右クリックをすると、メニューが開けられます。

やらなくちゃいけない手順は以下の通りです。

  • 日本語に変更します
  • LANの設定を変更します。IPアドレスを自動で取得するようにするには、DHCPにチェックを入れます。
  • HDDのフォーマットを実施します。
HDD情報

HDDの設定まで行くと、ネットワークカメラの登録です。
検索すると、一気にローカルネットワーク内のONVIFカメラが出てきます。

そのまま1~9・1~16までのカメラ枠に1つ1つ追加していきます。

実際に使ってみて

動体検知機能はカメラにモーション機能があるタイプでないと動体検知は動きません。
これは少し失敗でした。

24時間365日の状態で録画をしても、動体検知対応カメラで、動体検知が当たらくと、動体検知した所だけ目印が付くので、その前後の様子も合わせて録画できます。

もちろん動体検知対応カメラばかりですと、動体検知した時だけ記録することもできます。

何よりパソコンをつけっぱなしにするより、電気代が月1,000くらいから500円くらいまで下がりました。

良いお買い物ができました。

今回の購入店

ストア:MISECU Official Store