*

次に買うならこの機種

現在はドコモ純正のXperiaZ1を使用しています。

ドコモ純正XperiaZ1のSIMを抜き、みおふぉんSIMを挿したため、使えなくなった機能

・テザリング(VPNが安定しないのでもともと使っていません)
・GPSの測位に時間がかかる

実際にあっ!使えないのかと思った機能はこれくらいです。

XperiaZ1

そんなXperiaZ1もいつかは壊れるものですので、壊れた時に悩まずスムーズに購入出来るように、積立と機種の選別をしておく必要があります。
 
 
 
 
やっぱり現在の
  
第1候補:Nexus6
Nexus6 XT1112
 
価格リスト(32GB)
・75,170円(GooglePLAY売り切れ中)
85,000円(楽天市場・mobaxネットワーク制限保証無し)
87,500円(Amazon・Bestプライス)
88,000円(楽天市場・mobaxネットワーク制限保証無し)
(2014年12月26日現在)
 
 
 
第2候補:Ascend Mate7
Ascend Mate7
 
価格リスト
47,800円(楽天市場・イオシス・中古)
50,480 円(楽天市場・ムラウチ)
50,480 円(楽天市場・エムスタ)
51,548 円(楽天市場・CaravanYU)
・56,864(Amazon・売り切れ中)
(2014年12月26日現在)
 
 
 
第3候補:Zenfone5
ZenFone 5 (A500KL)
 
価格リスト(16GB)
28,914 円(楽天市場・ EC-JOY楽天市場店)
28,944 円(楽天市場・ソフマップ)
28,944 円(楽天市場・ビッグカメラ)
28,944 円(楽天ブックス)
29,800円(Amazon)
(2014年12月26日現在)


公開日:
最終更新日:2014/12/26

FNF Ifive Mini 4Sの開封レビュ antutuの結果スラスラモデル

中華タブレットでも最近は、Windowsブームなのか、なかなか8インチ

中華タブレットをBanggoodから購入したらスイス経由になりました

先日中国の通販サイトから、中華タブレットを購入してみました。 色々な

g06+ gooブランドの安いスマホ

NTTグループのgooから、新しくgooブランドのスマートフォン「g0

ZenFone Live (ZB501KL) 2万円の格安登場

ASUSから2万円を切る価格で購入出来る、ZenFone Live (

次に買うならこの機種 2017年7月13日編

もう7月も中盤気がつけば、夏休み突入間近ですもんね。 スマートフォン

→もっと見る


PAGE TOP ↑