Ascend G620S

中国のメーカーでお馴染みファーウェイから、今度は低コストスマートフォンが発売されました。

シムフリー端末が日本に増えていくことから、低スペックから高スペックまで、通信会社ならではのラインナップでせめて来るようです。

Ascend G620S

発売日:2014年11月

CPU:Qualcomm MSM8916 クアッドコア1.2GHz
メモリ:RAM:1GB
記録領域:8GB

寸法:142.9 × 72.1 × 8.5 mm
重量:160g

モニター
サイズ:5.0インチ
解像度:1280×720

Bluetooth:4.0
GPS:あり

対応キャリア
ドコモ
LTE:1/3/19
WCDMA:1/6/19

ソフトバンク Yモバイル
LTE:1/3/8
WCDMA:1

au
LTE:1

と言う結果になりました。

通信周波数だけで見ると、まずはドコモはほぼ問題が無いと思います。
LTEが使えない時もFOMA回線はバッチリです。

ソフトバンクもLTEは大丈夫なのですが、3G回線になった時がプラチナバンドに未対応なようなので、少し不安な所ありです。

スペック的には、格安スマートフォンと言うことだけあって、やっぱり旧世代のスペックとも言えます。

決まったデータしか入力しない・サムスマホ的・初めてスマートフォンを使ってみる人ははじめの一歩になる端末になりそうです。

→ Ascend G620Sを探す