*

honor6 Plus 常識を変えたダブルレンズ採用

公開日: : 最終更新日:2015/06/10 ファーウェイ , , , , , , , ,

中国メーカーのファーウェイが、日本国内のMNVO回線を意識したスマートフォンを、新たに投入してきました。

モニターのサイズは5.5インチ、2つのレンズを採用することで、脅威のピント速度を実現したそうです。
レンズの明るさを示すF値も、0.95-16の範囲を可能としており、「食べ物をテーブルの上に置き、背景をピンぼけする」と言う撮影も可能にしています。

とっても明るいレンズなので、夜景の撮影にもピッタリ!

個人的にはオススメの1台にもなっています。
1台5万円くらいのスマートフォンですが、なかなかユニークな設計のスマートフォンです。

honor6 Plus

発売日 2015年6月

CPU:Hisilicon Kirin 925 オクタコア A15/1.8GHz + A7/1.3GHz
メモリ:RAM:3GB
記録領域:32GBモデル

寸法:150 × 75.7 × 7.5 mm
重量:165g

モニター
サイズ5.5インチ
解像度:1080×1920

Bluetooth:V4.0+LE
GPS:あり

LTE対応キャリア

  ドコモ ソフトバンク
グループ
KDDI/au honor6 Plus
band1
band3  
band7  
band8      
band11      
band18      
band19(広域向)      
band21    
band26(広域向)      
band28(広域向)  
band42 予   

W-CDMA対応キャリア

  ドコモ ソフトバンク
グループ
honor6 Plus
band1
band3    
band6(広域向)
band8(広域向)   ○ 
band9 停   
band11    ○  
band19  
band21    
band28    
band41    

■ドコモ
LTEはエリアプラスが未対応なので、山間部ではLTEがの繋がりが不安定要素を抱えています。
しかし、3Gはエリアプラスに対応している為、通信が出来ないことは無さそうです。

■au
LTEのみとなりますが、そこそこ使えるエリアがありそうです。

■ソフトバンク
LTEはほぼドコモと同じ条件になっています。
3G回線もプラチナバンドの周波数が対応しております。

ドコモ vs ソフトバンク 皆様の移動範囲のエリアから、対応しているキャリアを判断すると良さそうです。

■購入店
→ ファーウェイ公式ストア「VMALL」

honor6 Plus

honor6 Plus

honor6 Plus

honor6 Plus

■ユーザーの評判

・後からピント位置が変えられるので、期待できそう。
・被写界深度も変更出来るのが売りだが、映像の合成による粗がきになるかも?

関連記事

Huawei P9 ライカのレンズ搭載のデュアルカメラ搭載

中国のスマートフォンメーカーHuaweiから、新たに新スマートフォンが発表されました。 前作の商品

記事を読む

HUAWEI nova lite 最新OS搭載の格安モデル

HUAWEIから新しく発表されたHUAWEI nova liteが、これからの格安SIMフリー端末を

記事を読む

HUAWEI Y6 さらに安いスマートフォン

日本市場に続々シムフリーのスマートフォンを投入している、中国のHUAWEIから、ASUSの格安スマホ

記事を読む

HUAWEI Mate S 日本の各SIMに対応

中国製スマートホストでも、日本に向けて本格的に製品を送り出している、ファーウェイから、格安ではなく、

記事を読む

Huawei nova 女性向けのコンパクトミドルモデル

日本でもスマートフォンの地位を着実に増やしているHuaweiから、新しいスマートフォンが発表されまし

記事を読む

Ascend P7

近年MVNO市場も少しずつ賑わってきている日本に、いち早くシムフリースマホを投入している中国の「hu

記事を読む

HUAWEI P10 日本でも発売開始

2017年6月9日より日本でもいよいよ、HUAWEIの新作スマホ、フラッグシップモデルP10シリーズ

記事を読む

Huawei P9 Lite ライカのレンズ搭載でもP9の値下げ版

Huawei から発表されたHuawei P9にお得なHuawei P9 Liteが合わせて発表され

記事を読む

HUAWEI GR5 MVNO利用者を増やしてくれそうなお値打ち1台

中国製?大丈夫なの?そんな心配をされながらも、着実に日本史上にMVNO利用者向けに、注目されつつある

記事を読む

Ascend G620S

中国のメーカーでお馴染みファーウェイから、今度は低コストスマートフォンが発売されました。 シム

記事を読む

中華タブレットをBanggoodから購入したらスイス経由になりました

先日中国の通販サイトから、中華タブレットを購入してみました。 色々な

g06+ gooブランドの安いスマホ

NTTグループのgooから、新しくgooブランドのスマートフォン「g0

ZenFone Live (ZB501KL) 2万円の格安登場

ASUSから2万円を切る価格で購入出来る、ZenFone Live (

次に買うならこの機種 2017年7月13日編

もう7月も中盤気がつけば、夏休み突入間近ですもんね。 スマートフォン

ASUS ZenFone Zoom S au VoLTE対応デュアルカメラ

ASUSからもデュアルカメラを搭載したモデル、ZenFone Zoom

→もっと見る


PAGE TOP ↑